自転車関連

日焼け対策にぴったり!パールイズミ「コールドブラックアームカバー」

更新日:

夏場の自転車ライドあるあると言えば、肌が露出している部分だけくっきり日焼けしてしまうことではないでしょうか?

とはいえ、それなりの時間とそれなりの距離を走りきった証拠なわけですから、「日焼けはライダーの勲章だ!」なんて思っていた時期が私にもありました。

しかし、よくよく考えてみると「日焼け=軽いやけど」なわけで、決して身体に良いものではありません。加えて、熱中症の危険性まで高まる+ヒリヒリして痛いというおまけ付きですから何かしら対策は必要そうです。

というわけで、今回は日焼け対策として新しい自転車グッズを購入してみました!

coldblack-armcover-package

今回紹介するのは、パールイズミのアームカバー「コールドブラック アームカバー」です(・∀・)

日焼けを防止するだけでなく、身体の熱まで逃がしてくれる優れものなのです!

スポンサーリンク

コールドブラック素材が優れものらしい

このアームカバーはコールドブラックという素材を使っているのですが、直射日光を反射+吸汗速乾という優れもの。

つまりは「はめているだけで日焼けも防いでくれるし、汗と熱も逃がして快適に走れるよ!」という一石二鳥なアームカバーなのです。

coldblack-armcover

デザイン的には直射日光を受ける部分はコールドブラック素材、それ以外の肘の部分にはメッシュ素材を使って通気性を確保しています。

coldblack-armcover-hem

二の腕側の裾にはパールイズミではおなじみの滑り止めが付いています。確かにライド中にずれ落ちてくることはありませんでした。

実際にはめてみた

実際にはめてみた様子はこんな感じ。ちょっと窮屈ではめるのに苦労しましたが、はめてしまえば伸縮性もよくイイ感じです(^^)

coldblack-armcover-fitting

手首から脇までをカバーするほどの大きさだったので、予想に反してそう簡単に付け外しはできなさそうです。使い方によっては不便かもしれません。

走ってみた感じは?

このアームカバーをはめる前、「この気温の中で長袖なんて暑くて仕方がないんじゃないの?」なんて思っていましたが、いざ走ってみるとビックリ。たぶん何も付けていないときよりも涼しいです。

おそらく、汗を吸ってそれが乾くときの気化熱で温度が下がっているのだと思います。それに加えて、腕に直射日光が当たらないことによる効果も大きいかと。もちろん、日焼けも防げます。

しかし、信号などで止まってしまうと、風を受けないのでさすがに暑さを感じます。ストップ&ゴーの多い市街地よりも、サイクリングロードのようにひたすら走り続けるような場面の方が向いていそうです。

まとめ

最初は日焼け対策にと思って買いましたが、日焼け以上に暑さ対策にもつながったことが良かったです。

やはり、夏場はいかにして熱中症を防ぐかが大切になってくるので、服装で対策できるところは対策していきたいですね。日焼け止めを何度も塗るという手間が省けるのもグッドです。

アームカバーだけでなくレッグカバーもラインナップされているので、腕も脚も日焼け対策したい方はそちらも検討してみると良いかもしれません。

これを機に、いままであまり目を向けてこなかったウェア類の収集にはまってしまいそうです(^^;)

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-自転車関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.