自転車関連

ブレーキングが楽になる!「OTION ロード用ブレーキレバーグリップ&シフターグリップ」

更新日:

今回はちょっと面白い自転車アイテムのご紹介です。

ロードバイクのブレーキレバーとシフターはライド中に常に触れているだけに、その操作の快適性はライドそのものの快適性に直結します。特にブレーキレバーについては安全性を確保するためにもとても大切です。

そこで、今回はブレーキ&シフト操作を快適にしてくれるこんなアイテムを買ってみました(・∀・)

ということで、今回紹介するのはOTIONの「ロード用ブレーキレバーグリップ&シフターグリップ」です。レバーに貼り付けるタイプのグリップという変わったアイテムですが、その実力はいかに!?

スポンサーリンク

滑り止めの効いたグリップ

中身を開封したところがこんな感じ。ブレーキレバーとシフターそれぞれに貼り付けるためのグリップが入っています。今回はシマノのSTI用のモデルを購入したので、グリップの形もそれに合わせたものになっています。

グリップの表面はザラザラとしており、滑り止めのような手触りになっています。しかし、グリップ自体には多少の厚みがあるのでクッション性があり、触っていて不快な感じは一切ありません。ちなみに、裏面は両面テープになっているので、剥離シートを剥がせばすぐに貼り付けられます。

実際に貼り付けてみた

実際に私のロードバイクに貼り付けてみます。まずは貼り付ける面の汚れやホコリをしっかりと取ります。こうしておかないと、せっかく貼り付けたグリップが剥がれてくる原因になるので、気をつけましょう。

グリップの掃除ができたら、あとはグリップを貼り付けるだけです。特に難しいことはないのですが、慎重に位置合わせをしないとレバーからグリップがはみ出たりするので要注意です。そして、実際に貼り付けてみた結果がこんな感じです。

このように、レバーの形に合わせてある程度グリップも伸縮してくれるので、ぴったりと貼り付けることができます。「OTION」のロゴもオシャレさがあって良いですね(・∀・)

シフトレバーにもこのようにグリップを貼り付けます。こちらはぴったりサイズではないですが、滑り止めとしての役目であれば特に問題なしです。

効果のほどはいかに?

気になる実際の効果ですが、個人的にはかなりブレーキが楽になったような気がします。

グリップのない状態では表面がつるつるとしているので、強くブレーキを握ったときに滑って力が逃げる感じが少しありました。一方、このグリップを貼り付けた後は滑り止めがしっかりと効いてくれるので、確実にブレーキングができるように感じます。特に下ハンドルを持ったときはブレーキ時の安心感がぐっと増しました(・∀・)

一方、シフト操作に関してはそれほどの違いは感じませんでした。

まとめ

ブレーキ操作時に、もう少ししっかり握れるようにしたい場合には、その改善策としてぴったりのアイテムだと思います。レバーに貼り付けるだけというお手軽さも魅力の1つです。

一方で使い込んでグリップが老朽化したときの張り替えはちょっと面倒くさそうです。シール自体の粘着力がかなり強いので、使っている途中に剥がれてくることはなさそうですが、交換のために剥がしたときに跡が残ってしまうかも…。

とはいえ、私のようにたまの週末に乗るだけであれば、そんな頻繁に交換することもないので、特に問題なく使えそうです。しばらく使ってみて気づいたことなどあれば、また追記したいと思います。

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-自転車関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.