ガジェット 音楽

開放型+ワイヤレス=超快適!「audio-technica ATH-HL7BT」を買ってみた!

こんにちは。よっさん(@mono_diary)です。

おうち時間が増えて音楽や映画を楽しむ機会が増えましたが、そのときに欠かせないのがヘッドホン。

しかし、ヘッドホン特有の密閉感というか圧迫感があまり好きではなく長時間の使用は避けていました。

そんな中、長時間の使用でも超快適なヘッドホンを見つけたので購入してみました!

ということで、今回紹介するのはaudio-technicaの開放型ヘッドホン「ATH-HL7BT」です。開放型でありながらワイヤレスでも使えるオススメのヘッドホンです!

スポンサーリンク

本体の軽さにびっくり

さっそく開封してみたところがこんな感じ。とても落ち着いたデザインで好印象。

このヘッドホンの最たる特徴の1つがその重さ。約220gとヘッドホンとしては超軽量の部類に入ります。

ドライバが大きく一見すると重たく見えるため、持ったときの「えっ、軽い!」という感動はかなりのものです。これなら長時間の使用でも疲れることなく使えそう(・∀・)

ボタンやポートなどの操作系は、全て左側のドライバユニットに集約されています。具体的には

  • 音量ボタン
  • 電源/ペアリングボタン
  • 充電端子(USB-C)
  • ヘッドホン端子

になります。充電ポートもUSB-Cなので、付属のケーブルを使わずとも他デバイスの充電ケーブルがそのまま使えるのがよいですね。

イヤーパッドやアーム部分のクッションもフカフカと柔らかく装着感はとてもよいです。

布製なので拭き掃除がしにくそうなのが少し気になるところですが、「圧迫感のあるヘッドホンはイヤ!」という方には嬉しいですね。

もちろん、アーム部分は伸縮します。国内メーカーということもあり、海外メーカーのヘッドホンよりも日本人の頭のサイズにフィットしやすい印象がありました。

開放型ゆえの快適性

このヘッドホンはいわゆる「開放型」と呼ばれるタイプで、ドライバユニット内を密閉しない設計になっています。

そのため、音の重厚感や音漏れの少なさは密閉型に劣りますが、

  • 高音に有利
  • 耳が蒸れない(装着感がよい)
  • 外の音がそのまま聞こえる

などのメリットが得られます。本格的な音楽鑑賞というよりは、ながら聞きやリモートワークなど日常生活に寄り添った使い方に合っていると言えそうです。

使ってみた感想

ここからは購入から約1ヶ月、実際に使ってみた感想です。

快適性は抜群!

先述したような軽量性や装着感の良さもあり、使用中の快適性は抜群です。

約2時間近くの映画を観ても疲れることなく、最後まで楽しむことができました。音質についても私個人としては何の問題もありませんでした。

ワイヤレスなので使用中の行動が制限されないところも◎です。ヘッドホンを付けたままトイレに行ったり飲み物を取りに行ったりと、スピーカーで聴いているときと同じ感覚で使えるのがよいですね!

カスタマイズ性も良し

音質や音色にこだわりのある方は、専用のスマホアプリを使って音量の刻み幅やイコライザを調整することもできます。

また、外部サービスとの連携で「360° Reality Audio」にも対応しているので、がっつり音楽を楽しみたい人でも満足できるのではないでしょうか?

マルチペアリングで利用シーンを選ばない

ワイヤレスならではの便利機能として、マルチペアリングにも対応しており、最大で2台までの端末を登録しておけます。

私の場合は、スマホとPCの両方を登録しており、利用シーンに応じて切り替えて使っています。

在宅勤務をしている方なら仕事中はPCと繋ぎ、お仕事後のリラックスタイムにはスマホと繋ぐ…など、柔軟な使い方ができてよいですね。

まとめ

開放型ヘッドホンの購入は初めてでしたが、結果としては大満足の買い物でした。

密閉型にはその良さがありますが、開放型ならではの快適性は一度体験すると手放せなくなりそうです。長時間の使用や日常的にヘッドホンを愛用している方にはオススメの一品です。

気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

© 2022 つれづれモノ日記