ノートPCの作業を快適に!「MOFT ノートPCスタンド」を買ってみた

こんにちは。よっさん(@mono_diary)です。

ノートPCでの作業はデスクトップPCに比べて、目線が下に向きがちです。姿勢も悪くなるので長時間の作業が辛くなります。

そこで、そんな問題を解消してくれるアイテムを購入してみました。

ということで、今回紹介するのは「MOFT ノートPCスタンド」です。持ち運びの邪魔にもならず、実用性十分のオススメアイテムです(・∀・)

スポンサーリンク

広告の表示がブロックされています。

薄型な作りが魅力

さっそく開封してみたところがこんな感じ。スタンドでありながら、折りたたんだときは全体がフラットになります。厚みは約3mm、重さは89gと超軽量です。

裏面は、ノートPCに貼り付けるための粘着シートになっています。両面テープではないので、貼り付け跡が残らないのが嬉しいポイント。

また、細かな穴が空いていることで、貼り付けたときにも放熱性を犠牲にしない工夫がされています。ノートPCの底面は放熱に一役買っているところもあるので、これらへの影響が小さくできるのは嬉しいですね。

貼り付けも簡単

実際にMacBook Pro 13inchに貼り付けてみます。まずは底面のホコリや汚れを拭き取っておきましょう。

次に貼り付ける位置の目星を付けます。説明書によると、ノートPCの中央ではなく、後ろギリギリの位置に貼り付けるのが良いそうです。

MacBook Proは底面に丸みがあるので、後ろギリギリは厳しいかな?と思っていましたが、MOFT本体に柔軟性があるので、その丸みに沿って貼り付けることができました。

コメント

少しずつ剥がれてこないか少し心配でしたが、1ヶ月経ったいまでも剥がれてはいません

角度は2段階

貼り付けができたら、あとはスタンドを立ち上げるだけです。折り紙のように、パタッと折りたたまれている部分を立ち上げればOK。

まずは角度が浅い場合(15度)はこんな感じ。

モニターの位置は約5cm持ち上がります。この状態であれば、キーボードの打ちやすさが損なわれることもなく、作業するには快適な角度です。

続いて、角度が急は場合(25度)はこんな感じ。

モニターの位置は約8cm高くなり、キーボードの角度もかなりキツくなります。ノートPCでの作業というよりも、テレワークなどでドックに繋ぎ、ノートPC自体はサブモニターとして使う場合にぴったりの角度かと思います。

どちらの状態でも安定感は十分。キーボードの打ちにくさなどを感じることはありませんでした。

ただし、MacBook Proの場合はボディの縁がデスクに触れる形になるので、エッジ部分の傷などが少し心配です。これはノートPCの構造やデザインにもよりますね(^^;)

まとめ

前評判のとおり、とても薄型軽量で使い勝手のよいスタンドでした。貼り付けたままでもスリーブケースに難なく入るので、携帯性を犠牲にしないのも嬉しいですね。

今回は13インチPCでの使用でしたが、製品としては15.6インチまで対応しています。ノートPCでの作業を快適にしたいなと感じている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。