カメラ関連 デジタル機器

【便利機能編】はじめてのアクションカム「SONY HDR-AS100V」

更新日:

これまで開封編基本機能編とご紹介してきたSONYのアクションカム「HDR-AS100V」ですが,今回はそのラスト(便利機能編)です.

HDR-AS100V-side

今回紹介する機能は,スマホ連携と外部電源供給機能の2つです.どちらもとっても便利な機能なので,私個人としては是非紹介しておきたいのです!

スポンサーリンク

スマホ連携機能

アクションカムといえば,そのほとんどが液晶モニタを搭載していないため,撮った映像をすぐに確認できません.

そこで,最近のアクションカムにはスマホ連携機能が搭載されていることが多いですが,AS100Vもそれに漏れずスマホ連携機能を持っています.

Wi-FiまたはNFCで接続しよう!

スマホと連携させるためには,AS100V本体とスマホを通信できる状態にしなければなりません.それには大きく2つの方法があり,1つはWi-Fiを使う方法.もう一つはNFCを使う方法です.

NFCは最近のAndroidスマホに多い機能ですね.iPhoneの場合はNFCに対応していないため,必然的にWi-Fiの1択となります.

NFCの方が手軽なのですが,私自身iPhoneしか持っていないためWi-Fi接続について紹介します.

とはいっても,Wi-Fi接続は何も難しいことはありません.

① AS100VのWi-FiをONにする
② スマホでSSIDとパスワードを入力する

たったこれだけで準備は完了です.

専用アプリで快適操作!

AS100Vとスマホが接続できれば,あとは「PlayMemories Mobile」という専用アプリを起動するだけです.

起動するとAS100Vの映像がそのままスマホに表示されます.遅延なくサクサクと動くのでちょっと感動します笑.この状態でスマホ画面かカメラ本体の録画ボタンを押せば録画が開始されます.

playmemories mobile1

また,撮影モードの変更もスマホから操作できるので,とっても便利です.

playmemories mobile2

手ぶれ補正や画質の設定など,細かい操作もできます.カメラ本体で設定を変えるより簡単です.
playmemories mobile3

もちろん,スマホだけでなくタブレットでも使えるので,大きな画面で映像を確認したいときにも便利ですね(^ ^)

外部電源供給で長時間録画!

本体が小さくて取り扱いやすいのがアクションカムの良いところですが,本体が小さいということはバッテリーも小さいということです.

長時間のドライブなど,その道中をすべて録画したい場合はどうしても内蔵バッテリーだけでは足りません.

そこで登場するのが,外部電源供給機能です.これは簡単に言ってしまえば,内蔵バッテリーに頼らず外部から電源を供給する機能です.

たとえば,大容量のモバイルバッテリーにつなげば,内蔵バッテリーの何倍も多く録画できますね.もちろん,SDカードがいっぱいになってしまったらそこでおしまいですが(^^;)

ちなみに,私はあのダンボーバッテリーで試してみましたが,問題なく録画できました.

まとめ

今回は便利機能として2つの機能を紹介しましたが,AS100Vにはまだまだおもしろい機能がたくさんあります.

すべて使いこなすのは大変ですが,使っていて楽しいカメラであることに変わりはないように感じました.

これからも何か使い道を見つけたらこのブログで紹介していくので,お楽しみに!

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-カメラ関連, デジタル機器

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.