音楽

フリーマーケットでウクレレを買ってみた

先日、ふらりとフリーマーケットへ足を運んだところ、ある品物と運命的な出会いを果たしてしまいました。

ukurere

なんとウクレレが売っていました!

以前より、弦楽器にあこがれを抱いていた私だったので、さっそく売り主と交渉を開始!

スポンサーリンク

広告の表示がブロックされています。

私「これいくらですか?」
売り主「700円は?」
私「もう一声!」
売り主「400円なら良いですよ」
私「じゃあ、400円で買います!」
売り主「じゃあ、300円で良いですよ」
私「わーい」

最後の方でなぜ300円になったかは分かりませんが、売り主さんはとても優しい方でした。
聞いたところによると、ご家族の方がウクレレ教室の先生をしているそうな。

というわけで300円でウクレレをゲットです(^O^)

外観をチェック

ウクレレを持ったことがないので何とも言えませんが、見た目や質感はギターのそれと似ています。
個人的にはベストな質感です。

いわゆるスタンダード型というやつみたいですが、想像していたよりは大きいです。
ほんとに小型版ギターという感じです。

持った感じはとても軽くて、演奏しやすそうでした。
手の小さい方でも特に問題なく弾けると思います。

底部には録音機材とつなげるための端子らしきものがありました。

ukurere_bottom

また、このウクレレが何という型番なのか調べてみました。
唯一の手がかりは内部にあるロゴです。

ukurere_logo

この写真からわかることは、どうやら「Artisan」というブランド名らしく、型番は「UB-100」というものらしいということ。

ということで、早速ネットをあさってみたところ、それらしいものを発見しました。

Artisan バリトンウクレレ マホガニー材仕様
価格:12,000円(税込、送料別)

多分コレだと思います。まさか12000円もするとは(゜Д゜)
型番は「BU-100」とありましたが見た目は完璧に一致してます。

というか、やっぱり素人が買って良いものではなかったのでは…

気になったこと

フリーマーケットにあったものなので、元々この形で売られていたのか、それとも前の持ち主が改造していたのか分かりませんが、いくつか気になった事がありました。

それは、第3・4弦が金属巻き線であることです。

調べによると、ウクレレは普通はすべてナイロンの弦が使われるようです。
そして、音域を広げるために第4弦だけ弦を取り替える「Low-G」というものもあるそうな。

第4弦を見る限り、このウクレレは「Low-G」のセッティングになっているようですが、第3弦までも金属巻き線なのは気になります.なぜなんだ?

ウクレレに詳しい方はぜひ教えてくださいm(_ _)m

そして,突然の悲劇が!

せっかく買ったウクレレ。このまま放置してインテリアにしてはもったいない!
ということで、さっそく練習を開始しましたが音が合っていません。

「どうやらチューニングが必要だな」と思い、弦のチューニングをしていたところ悲劇が!

なんと弦が切れてしまいました(T_T)

やはり素人がいきなり調子に乗ってチューニングとかするもんじゃありません。
すでにお気づきの方もいるかも知れませんが、この記事冒頭の写真はこの悲劇の後です。

というわけで、ウクレレの練習は弦を買い直してからということになりました。トホホ(;_;)

ではではノシ

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。
  • この記事を書いた人
アバター

よっさん

ガジェット・カメラ・自転車好きの男子。物欲のままに買ったモノをジャンル問わずレビューしています。

-音楽

© 2020 つれづれモノ日記