スマートフォン関連

モバイル端末の落下防止には「バンカーリング3」がおすすめ

更新日:

今回は、スマートフォンやタブレット端末などの落下を未然に防いでくれる便利アイテムのご紹介です。

スマホやタブレットを使っているとき「手が滑って端末を落としてしまった!」なんてことはよくあります。私はすでに3回ほどiPhoneを地面に落としてしまいヒヤヒヤした経験があります。いまのところ壊れてはいませんが、このままではいつ壊れるかわかりません(;´Д`)

ということで、モバイル端末の落下防止アイテムとして人気の高いこんなモノを買ってみました!

bunker-ring

買ったのは「バンカーリング3」という端末に取り付けて使うリングです。ヨドバシ.comにて1890円でした。

とてもシンプルなアイテムですが、なかなかに侮れない超便利アイテムなのです!

スポンサーリンク

いざ開封の儀!

内容物はいたってシンプルで本体のみがポツンと入っています。上面には可動式のリングが付いており、ここに指を通すことで端末を保持します。

bunker-ring-body

底面は粘着質のシートになっており、端末にぴたっと貼り付けて使います。ちなみにこのシートは、粘着力が落ちても洗えば復活するようになっているので、繰り返し使えて経済的です(^_^)

bunker-ring-bottom

さっそく貼り付けてみた!

さっそくiPhone5に貼り付けてみた様子はこんな感じです。ちょっとカッコイイかも(・∀・)

bunker-ring-set

貼り付ける位置については、実際にどういう形で持ちたいかを考えて貼り付ける方が良いです。スマホの場合は中央より下に付けるのが良いと思います。

ちなみに、今回はパワーサポートのケースに貼り付けてみましたが、これ以外の面でも平たいところであれば貼り付け可能です。

一方、貼り付ける面がでこぼこしている場合や、表面の素材によってはうまく貼り付けられないこともあるので注意が必要です。

bunker-ring-set2

バンカーリングを付けることで端末自体の厚みも増えますが、私個人としては気になるほどでもないです。実測では約8ミリのサイズアップでしたが、見た目的にも不自然さはないかと思います。

実際に使うときには下写真のように使います。私の使い方だと中指を通して使う感じですね。

bunker-ring-use

スタンドとしても使える!

このバンカーリングのもうひとつの特徴は、スタンドとしての機能も兼ねているということです。

リングの可動部がけっこうキツめなので、好きな角度で保持できるようになっています。そして、これを支えとすることでリング自体をスタンドとして使うことができます。

bunker-ring-stand

取り付け位置や端末の大きさによっては厳しい場合もありますが、横置きであればたいていの場合は大丈夫だと思います。

ちょっと不満な点も…

少し不満な点といえば、使っているうちにリング可動部が緩んでくるらしいということでしょうか。

私のものは買ったばかりなので、まだそういう症状は出ていません。しかし、いずれそうなってしまいスタンドとして使えなくなると思うと残念です。せめて、ねじ等で締め直すことができるとうれしいですね(^_^;)

まとめ

1890円とやや高い気もしますが、外でよくスマホなどのモバイル端末をお使いになる方にはオススメできる一品です。

やはり手にしたときの安定感が全然違うので、落としてしまわないか心配だという方はひとつ持っておいて損はないです。粘着力自体もとても強く、普段使いではがれることは無いと思うので安心して使えますよ(^_^)/

かくいう私は、タブレット用にもう一つ買おうか悩んでいるところです(笑)

ではではノシ

追記

やはり、リングの部分が緩んできたのでスタンドとしては使えなくなってしまいました。そこで、いまは代わりにiRingという製品を使っていますが、個人的にはこちらのほうが気に入っています。

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-スマートフォン関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.