スマートフォン関連

これなら断線しないかも。超丈夫そうなLightningケーブルを買ってみた

更新日:

Appleデバイスユーザー共通の悩みといえるのが、Lightningケーブルの脆さではないでしょうか?充電しながらiPhoneをいじっていたりすると、いつの間にかコネクタの根元がぐにゃりと折れていて断線してる…なんてことがありますよね。私はここ1ヶ月で2本もダメになりました(T_T)

また新しいケーブルを買うにも純正品だとすぐ切れちゃいそうなので、これを機に超丈夫そうなケーブルを買ってみました。

strong_usb_cable

ということで、今回紹介するのはクオリティトラストジャパンの「STRONG USB CABLE」です。純正ケーブルとは違ってとっても丈夫そうなケーブルの実力はいかに!?

スポンサーリンク

ケーブル自体はとっても丈夫そう

このケーブルの特徴はなんといってもその断線対策です。

まずケーブルそのものですが、こちらはナイロン生地で覆われているため、ちょっとの引っ張りや引っ掻きでは断線しないようになっています。

strong_usb_cable_nylon

その分、純正ケーブルと比べて径が太くなっているので、やや固く柔軟性は劣ります。しかし、逆に言えばケーブルに無理な負荷がかかるほど曲げられないということでもあるので、断線対策としてはこれくらいの方が良いかもしれません。

コネクタだってしっかり断線対策

続いて、一番断線の多いコネクタの根元部分。純正品のこの部分の弱さには何度か泣かされましたが、このケーブルはなんとバネで覆われています。

strong_usb_cable_spring

ちょっと昔、コネクタの根元にバネを付けると断線しにくいなんていうライフハックがありましたが、それをそのまま製品化してしまった感じです。もちろん、USB側だけでなくLightning側にもバネ完備です。

strong_usb_cable_spring2

肝心の効果のほどはというと、これがバッチリ。コネクタの根元が過度に曲がらないようにしっかり支えてくれています。充電しながらiPhoneを取り回しても、これなら断線とはおさらばできそう(・∀・)

まとめ

ナイロンで覆って耐久性を高めているケーブルは数多くありますが、それに加えてコネクタの根元にバネまで付けているケーブルはなかなかありません。徹底した断線対策がこのケーブルの魅力ではないでしょうか。

使い勝手もよく普通のLightiningケーブルとして使えます。もちろん、充電もPCとの同期も問題ありませんでした。また、出力も2.4Aまで対応しているので、iPadの急速充電などにも使えます。

ケーブルが固くまとめにくいので持ち運びには適さないかもしれませんが、自宅での充電用としては最適な一本だと思います。すでに何本もケーブルをダメにしている方は試してみてはいかがでしょうか。micro-USBバージョンも出ているので、同じような悩みを抱えたAndroidユーザーにもおすすめですよ。

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-スマートフォン関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.