ガジェット

マグネットでピタッと整理!Ankerのケーブルホルダーを買ってみた

こんにちは。よっさん(@mono_diary)です。

「ガジェット好きあるある」のひとつといえば、ケーブルごちゃごちゃ問題。

かくいう私もデスクの上でケーブルがごちゃっとしていたのが悩みでしたが、そんな悩みを解決してくれそうなアイテムを買ってみました。

ということで、今回紹介するのはAnkerのケーブルホルダー「Magnetic Cable Holder」です。YouTubeでも紹介され大人気の品ですが、はたしてその実力はいかに?

スポンサーリンク

広告の表示がブロックされています。

開封してみた

さっそく開封してみたところがこんな感じ。ケーブルアタッチメント×5個と台座が入っていました。

台座はこのとおり、シリコンっぽい素材で暗めの青がオシャレです。中にマグネットが入っていることもあり、見た目以上にずっしりとしていて安定感があります。

裏面は何度でも貼り直しができる吸着素材になっています。他社のケーブルホルダーだと、ここが両面テープで貼り直しできないタイプも多いので、ここは嬉しいポイントです。

続いて、アタッチメントはこの通り、ケーブルを通すスリットがあります。

裏面を見ると、こちらにもマグネットが入っていました。これが台座のマグネットに貼りつくみたいです。

実際に使ってみた

実際に使ってみます。まずはアタッチメントをケーブルに取り付けます。対応するケーブルは直径3.5mm以下とのことです。

一般的なUSBケーブルに取り付けるとこんな感じ。難なく取り付けられます。

一方、下写真のような太めのケーブルだと、強引な感じになりますが、取り付け自体は可能です。

コメント

ここから時間が経った時にアタッチメントが壊れてしまわないかちょっと心配かも。

アタッチメントを取り付けたら、あとは台座にパチッと取り付けるだけです。マグネットでしっかり固定されるので、固めのケーブルでもずれてくることはありませんでした。

台座自体もデスクに張り付いてくれるので、とても安定感があります。

台座上が5つに仕切られているので、ケーブルの定位置が自然に決まるところもグッドですね。

まとめ

事前の評判通り、とても使い勝手の良いオススメアイテムです。ケーブルを台座に置くときのパチッとした感覚も心地よさを感じました。

ケーブルホルダーとしての性能はもちろんですが、台座を何度も移動でき、そのたびにシール跡も残らないのが高得点でした。デスクが手狭になっても、そのときに応じて柔軟に移動できるのは便利ですね。

在宅ワークなどでデスク周りにケーブルが増えて困っている方にはオススメのアイテムです。大人気で品切れが頻発しているようですが、購入のチャンスがあれば、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。
  • この記事を書いた人
アバター

よっさん

ガジェット・カメラ・自転車好きの男子。物欲のままに買ったモノをジャンル問わずレビューしています。

-ガジェット

© 2021 つれづれモノ日記