カメラ

レンズ汚れにこれ1本!ハクバのレンズペンを買ってみた

こんにちは。よっさん(@mono_diary)です。

手持ちのカメラ機材が増えてくると気になってくるのが、それらのメンテナンスです。

特にレンズは汚れの影響を受けやすいので、大切に使いたいものです。そこで、今回はとあるお掃除グッズを買ってみたので紹介したいと思います。

ということで、今回紹介するのは、ハクバのレンズ向けお掃除アイテム「レンズペン」です。個人的にはぜひ持っておきたいオススメの一品なのでした。

スポンサーリンク

広告の表示がブロックされています。

ブラシとクリーナーの二刀流

開封してみたところがこんな感じ。レンズペンという名称のとおり、マジックペンのような見た目をしています。

ペン本体に加え、交換用のクリーナー部品も付属していました。

ペン本体を見ていきます。まずお尻側ですが、こちらにはホコリを取り除くためのブラシがついています。

クリップ部分をスライドさせることでブラシが飛び出す仕組みになっているので、収納時はペンの中にすっぽり収まる形になります。

一方、頭の部分はキャップ式になっており、キャップを外すとクリーナーチップが現れます。

チップには何やら粉のようなものがついていますが、これがレンズペンのミソです。

実はキャップ内部に細かいカーボン粒子が入っており、キャップをつけることでチップにその粒子が補充されます。この粒子がレンズ表面の汚れを丸めとってくれる仕組みとのことです。

コメント

レンズを掃除する大切な部分なので、チップを直接手で触るのはやめましょう

実際に使ってみた

どこまでレンズがきれいになるのか気になる...ということで、実際に試してみました。

今回は実験台として、手持ちのレンズ表面にわざと指紋をつけてみました(良い子はマネしないでください)。

このとおり、指紋がくっきり浮かんでいます。皮脂なのでブロアーなどで飛ばせる汚れではありません。

まずは事前準備として、レンズ表面のホコリをブラシで払います。

これをしておかないと、この後の作業でレンズ表面に傷が入る可能性があるので、大きいごみはしっかり払っておきましょう。

表面のゴミが取れたら、いよいよレンズペンの本領発揮です。チップをレンズ表面に当て、クルクルと円を描くように拭いていきます。このとき、あまり力は入れなくてもOKです。

クルクルすること数十秒、べったりと付いていた指紋がきれいさっぱりなくなりました!

カーボンの粒子が表面に残ることもなく、とてもきれいな仕上がりです。

意図的に付けた汚れがここまで落とせるので、普段の撮影でつく汚れくらいなら簡単に落とせると思います

まとめ

とても簡単にレンズ掃除ができてしまうオススメのお掃除アイテムです。これとブロアーさえ持っていれば、レンズ掃除はほぼ困らないと思います。

私はレンズにプロテクトフィルターを装着しているので、チップが平らなタイプを買いましたが、湾曲レンズ向けにチップ自体が湾曲しているタイプもあります。

お掃除効果を最大限に発揮するためにはレンズに応じた使い分けが必要ですね。

チップ自体は消耗品なので、ずっと使えるわけではないですが、交換用部品が付属していることも考えると、長く使える一品です。

お手持ちのレンズのお掃除にお困りの方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

© 2021 つれづれモノ日記