カメラ関連

はじめてのビデオカメラ用雲台「Velbon FHD-43M」を試してみた

更新日:

今回もカメラ関係ですが、カメラはカメラでもビデオカメラ関係のお話しです。

以前、このブログでVelbonの旅行向け三脚「UT-53Q」を購入したというお話しをご紹介しましたが、実はその裏であるキャンペーンが行われておりました。

それが「秋の行楽キャンペーン」という、対象製品を買った人に秋の行楽を楽しめるようなグッズがプレゼントされるキャンペーンです。景品としていくつか選択肢があったのですが、私はその中でビデオカメラ用の雲台を選びました。(ビデオカメラ持ってないのに…(^^;))

そして、もう秋がとっくに終わったある日、ついに景品が送られてきたのでご紹介します。

FHD-43M_package

今回紹介するのは、Velbonのビデオカメラ向け三脚「FHD-43M」です!雲台を単体で手に入れるのははじめてのことなので、いつもよりワクワクしながらの開封となりました(^ ^)

スポンサーリンク

いざ開封!

開封してみると、そこには2つのパーツに分かれた雲台が入っていました。

まずは雲台本体。想像していたものよりも大きいうえ、作りもしっかりしていて驚きました。丸っこいデザインが可愛くもありますね。
FHD-43M_body

付属のクイックシュー(写真右)はUT-53Qのもの(写真左)に比べるとかなり小さめ。しかし、底面が正方形となっているので、向きを気にせず取り付けることができます
FHD-43M_quickshoe

そして、この棒のようなものがパンハンドル。こちらはビデオカメラ用雲台に特有のパーツです。長さは約20cmほどでした。

FHD-43M_handle

組み立ててみたよ

さっそく組み立ててみた感じがこのようになります。今回はあくまでもテストとして、SLIKのミニ三脚に取り付けてみました。ミニ三脚といえ、なかなか様になっている気がします(・∀・)

FHD-43M_with_tripod

可動域は文句なし

さて、ビデオカメラ用雲台は動いてなんぼのモノなので、可動範囲や動きのスムーズさが重要になってきます。

試してみたところ、この雲台はその点においては文句なしです。パンとチルトを動かすときの振動や音はほぼなく、スーッと動きます。また、可動域も広く上下は真下と真上をしっかりカバーできていました。

それでいて、角度固定用のストッパー(下写真)をしめてしまえばガッチリ固定できるので、撮影中も安心できそうです。

FHD-43M_stopper

一眼カメラでもギリギリ大丈夫?

せっかくのビデオカメラ用雲台ですが、私はビデオカメラを持っていません。そこで、今回は一眼カメラを乗せてみました。雲台の耐荷重が1.5kgなので、たぶん大丈夫なはずと乗せてみた結果がこちら。

FHD-43M_camera

ややバランス的に不安もありますが、しっかりと支えてくれています。しかし、クイックシューがややぐらつく感じもするので、そこまで過信しない方が良いかもしれません。やはりそこはビデオカメラ用ですね(^^;)

まとめ

ビデオカメラで試したわけではないので正確な評価にはなりませんが、個人的には満足でした。特に動きのスムーズさにはびっくりでした。

また、雲台とハンドルを分離できるので、旅行への持ち出しなどにも十分使えそうです。旅行先でどっしりと構えて動画を撮りたい方には向いていると思います。

しかし、動きがやや重いと感じることもありましたので、ここは好みが分かれそうです(使っていく内に柔らかくなるのかな?)。

こうしてビデオカメラ用雲台を手に入れてしまったので、次は上にのせるビデオカメラが欲しくなってきましたが、お財布事情と相談しながらの検討になりそうです。

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-カメラ関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.