カメラ関連

キャンペーン限定!「PowerShot G7Xオリジナル ハンドストラップ&ネームタグ」

更新日:

今回は買ったというより貰ったモノのご紹介です。以前、Canonのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot G7X」を紹介しましたが、実はその販売の裏であるキャンペーンが行われていました。

その名も「グレートジャーニーキャンペーン」という、名前だけ聞いたらなんのこっちゃ分からないキャンペーンです。

ざっくりというと、G7Xの購入宣言をした先着7777名にオリジナルのハンドストラップとネームタグがプレゼントされるというキャンペーンです。

私がG7Xを買った段階(2014年12月)では定員に若干の余裕があったので、ちゃっかり申し込んでいました。そして、そんなことも忘れていたある日、ついに実物が送られてきたのでご紹介します!

handstrap_nametag

今回紹介するのは、キャンペーン限定「PowerShot G7Xオリジナル ハンドストラップ&ネームタグ」です。ちょっと高級感のある外箱の中身はいかに!?

スポンサーリンク

まずはハンドストラップから

まずはハンドストラップです。素材は本革でできており、とても作りはしっかりしています。大きさ的には、G7X付属のストラップよりやや大きい程度ですね。

handstrap

ストラップの裏(手首に当たる部分)は赤いスエード調の生地になっており肌触りが良いです。カラーリング的にもG7Xにぴったりですね(・∀・)

handstrap_flesh

また、ストラップをしめるためのベルト(のようなもの)も付いているので、手首に巻き付けたときの安心感もバッチリでした。

お次はネームタグ

さて、お次はネームタグですが、まず思うのはなぜにネームタグなのか?ということ。カメラに普通はネームタグなんて付けませんし、仮に付けるとしてもコンデジには付けないのでは?なんてことを思うのですが…。

そんなことはさておき、こちらも作りはとてもしっかりしています。

nametag

素材は同じく本革で、内側が赤いスエード調の生地ということも共通です。

nametag-inner

カードの収納部は透明のビニールで覆われているので、中身を保護したい場合にはうれしいかもです。しかし、カードの出し入れは少ししにくいように感じたので、あまり頻繁に取り出さないものをしまっておく感じでしょうか。

まとめ

キャンペーンの景品ということであまり期待していなかったのですが、予想以上にしっかりとした作りで驚きました。

特にハンドストラップはG7X付属のそれより機能的でおしゃれですね(^O^)
しかし、革製なので最初の内は固いのがやっかいかと思います。使っている内に柔らかくなって味が出てくるとは思いますが、それまでは少し我慢ですね。

それからネームタグですが、これは私にとっては不要です。しかし、せっかく貰ったモノなので、大切にしまっておこうかとは思います。いつか使う日が来るかもしれませんし(^^;)

カメラ関係は地味にこうしたキャンペーンが多く行われているので、これからも機会があれば応募してみようと思います。

何かまたゲットしたら、このブログでも紹介していきたいです(・∀・)

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

もうキャンペーンは終わってしまいましたが、カメラ自体はまだまだ売ってます

-カメラ関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.