カメラ

高画質が魅力のRFレンズ!「RF24-105mm F4 L IS USM」レビュー

先日、EOS R6を購入したことで、私のカメラ環境もRFシステムに移行することに。

カメラ本体と同じくらい重要なのがレンズですが、今回は思い切って、憧れのLレンズを買いました!

ということで、今回紹介するのは、CanonのRFマウント専用ズームレンズ「RF24-105mm F4 L IS USM」です。さすがLレンズ!と思えるオススメレンズなのでした(・∀・)

スポンサーリンク

広告の表示がブロックされています。

外観をチェック!

RFシステムの登場とともに専用設計として作られたこのレンズ。製品名にL(Luxury)の名があるとおり、画質を優先した高級路線のレンズになります。

高級感抜群

さっそく開封してみたところがこんな感じ。とても質感が良く高級感は抜群です。

操作系はこれまでのレンズ同様、手ぶれ補正ON/OFFのスイッチに加え、フォーカスのモード切替スイッチが付いています。

移動時にレンズがせり出してこないように、ズームのロックスイッチも付いています。(これがOFFになっていても、普通に使う分にはせり出してくることもありませんでした)

マウント部分は金属製。隙間からゴミが入らないようにパッキンも付いているので、防塵防滴性能も高そうです。

オプションとして、花形フードとレンズポーチが標準で付属しています。ポーチについては生地の質感が非常に良いです。

コメント

所有欲を満たしてくれるので撮影のテンションも上がります!

サイズ・重量は大きめ

画質を優先した光学設計のため、本体サイズ・重量はかなり重めです。

レンズフード+レンズプロテクタ(77mm径)+マウントカバーを装着したときの実測値は801gでした。カメラ本体と組み合わせると約1.5kgくらいの重量になります。

また、ズームを最大まで伸ばすと、本体サイズは約2倍くらいになります。気軽に持ち出せるサイズ感かと問われれば微妙なところですね。

実際に使ってみた

EOS R6に装着してみた様子がこんな感じ。やはりレンズの存在感が際立ちますが、外観は抜群にカッコいいです!

数日持ち出して撮影してみましたが、カメラ本体とほぼ同じ重さということもあり、予想以上に重量バランスは良かったです。ちょうどカメラ全体の中央に重心がくる感じがします。

ズームやコントロールリングの操作についても、特にストレスはなく快適でした。

作例をご紹介

やっぱり気になるのは画質ですよね。ここでは実際の作例をご紹介したいと思います。いずれもEOS R6によるJPEG撮って出しです。

物撮り(F4 - ISO1250 - 1/60秒)

まずは物撮りのテスト。とあるレストランで食べたローストビーフ丼です。合焦した箇所の解像感が素晴らしく、肉の質感がちゃんと再現できています。ほぼ最短撮影距離(0.45m)ぎりぎりでの撮影ですが、これくらいであれば物撮りも全然OKです。

絞り開放(F4 - ISO320 - 1/100秒)

続いて解放F値(F4)での風景写真です。日が沈みかけた夕方の撮影でしたが、山肌の反射や質感をきれいに写せています。

絞り最大(F22 - ISO320 - 1/100秒)

こちらは絞り最大(F22)での風景写真です。全体的にカリッとした仕上がりになり、見たままの風景をしっかり残すことができます。こちらも山肌の解像感が素晴らしいなと思いました。

まとめ

Lレンズということもあり、気軽には買えない価格帯ですが、その分すばらしい画質が楽しめる1本です。

サイズ・重量ともに大きいので、スナップ向けという感じではないですが、24~105mmのズーム域をF4通しで運用できるのは大きなメリットです。

手ぶれ補正も搭載しているので使い勝手もよく、旅行に持って行くならこれ!と言えるレンズだと思います。

これからRFシステムへの移行を検討している方は、ぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか?

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。
  • この記事を書いた人
アバター

よっさん

ガジェット・カメラ・自転車好きの男子。物欲のままに買ったモノをジャンル問わずレビューしています。

-カメラ

© 2021 つれづれモノ日記