デジタル機器 音楽関連

意外に高音質!「Apple EarPods with Remote and Mic」

更新日:

私は普段から音楽をiPhoneで聴いているのですが,イヤホンだけは純正品を使わずに市販のカナル型イヤホンを使ってきました.

しかし,「iPhone5に付属している純正イヤホンの音質が良いらしい」という噂を耳にしたので,さっそく試してみることにしました(・∀・)

earpods

これまで気づかなかったのですが,なんと専用のケースまで付属しています.
なんだかこれだけで高級感がありますね.

実は最初はあまり期待していなかったのですが,コレが意外と良い音を出してくれました!

スポンサーリンク

これまでの純正イヤホンから大幅に進化!

これまでの純正イヤホンと比べて一番大きい変化がその形状です.

これまではシンプル(悪くいえばふつう)の形状でしたが,EarPodsでは独特な形状に変わりました.

earpods_body

本体2カ所に空いた穴から音を出すことで,従来に比べてより低音域まで出せるように進化したそうです.

また,この形状自体が人間の耳にフィットする形状を追求したデザインになっているため,これまでにないフィット感を実現しているとのこと.

再生コントロールやマイク機能も搭載

iPhoneに付属しているだけあって,当然ながら音楽の再生・停止・曲送り・ボリュームコントロールだけでなく,通話のためのマイク機能も搭載しています.

見た目はフラットですが,実際はきちんと押し込めるように作られているので,見なくても手の感覚だけで操作することが可能です.

earpods_controler

コントローラは右イヤホンの下10cmくらいのところに付いています.個人的にはもう少し下の方が操作しやすいと感じました.

肝心の音質はいかに!?

さて,肝心の音質ですが,従来の純正イヤホンに比べて格段に低音が良く出ているように感じました(・∀・)

曲中のドラムやベースの音がしっかりと聞こえ,耳にズンズンと響いてきます.これにはちょっとビックリしました.

高音の方は,個人的にはあまり大きな変化を感じませんでしたが,クリアに聴こえていて特に曇っている感じもありませんし,無駄に高音ばかり目立っている様子もありませんでした.

周りの環境次第ではちょっと難ありかも

個人的には普段使いにしても全く問題ない音質だと思いますが,普通のカナル型イヤホンに比べると,どうしても耳との間に隙間ができてしまいます.

このため,外部の音がけっこう聞こえてしまうので,騒音の多い場所ではちょっと不満が出るかも知れません.逆にボリュームを上げすぎると音漏れしたりする可能性も無きにしも非ずですね.

あくまでも室内でゆっくり音楽鑑賞するためのイヤホンということでしょうか(^_^;)

まとめ

正直なところ,最初はあまり期待していませんでしたが,意外な高音質にビックリです.特に低音の感じは従来のイヤホンに比べても格段に良くなっています.

ひとつ残念なところとしては,カナル型イヤホンのような密閉タイプではないので,どうしても周りの環境に影響される部分が大きいということでしょうか.

しかし,実売3000円程度であることを考えると,その価格帯のイヤホンの中では良い方だと思うので,iPhoneを買ったままで封印している方は一度お試しあれ(・∀・)

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-デジタル機器, 音楽関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.