自転車関連

春秋用のグローブをインナーグローブで冬仕様にしてみる

更新日:

冬のライドでは、寒さ対策としてウェアを着込んで暖を取りますが、グローブは何枚も重ねることができないので、どうしても厚手のものを使うことが多くなります。

とはいえ、気温に応じて何種類ものグローブを用意するのもちょっと面倒…。できれば春秋用のグローブで乗りきりたいなぁと思っていたところ、ちょうど良いアイテムを見つけたので紹介します。

ということで、今回紹介するのはパールイズミの自転車用インナーグローブです。普段のグローブに+αするだけで冬ライドを快適にできるオススメアイテムです(・∀・)

スポンサーリンク

発熱素材が暖かい

このグローブはその名のとおり、普段のグローブの内側に重ね着するためのグローブです。布地は毛糸のような繊維で織り込まれており、薄手ではありますが、繊維はしっかり詰まっているので防寒性は高そうです。

また、ユニクロのヒートテックのように繊維そのものが発熱するタイプなので、普通のグローブに比べて着けているだけでも暖かいという特徴もあります。

実際にはめてみた

実際にこのインナーグローブをはめてみた様子がこんな感じ。先述したように布地がかなり薄手なので、指先を含めた手のシルエット全体がそのまま残っています。ブレーキやシフト操作を邪魔しないという面でもこの薄さはグッドですね!

肌触りも悪くなく、手全体にぴったりとなじんでくれるので、快適性はとても高いと思います。また、手首のあたりを割と深くまでカバーしてくれている点も個人的には嬉しいです(・∀・)

実際のライドでは?

実際のライドではインナーグローブの上から普段のグローブをはめることになりますが、それでも特に違和感なく走ることができました。

そのときに使ったグローブは春秋用で低い気温には対応できないのですが、インナーグローブのおかげで指先も暖かいままでした。試しにインナーグローブを外して走ってみたところ、あっという間に指先が凍えてしまったので、インナーグローブの効果はかなり大きいと思います。

一方、上に重ねていた普段使いのグローブはタッチパネル対応だったのですが、インナーグローブを下にはめることでタッチパネルが使えなくなってしまいました。当たり前のことではありますが、この点だけはちょっと不便かも…。

まとめ

かなり低い気温まで対応できる冬用グローブを新調しようと思うと、それだけでも結構お金がかかってしまいます。一方、このインナーグローブであれば、実売2000円程度で購入できるのでコスパの面でもオススメです。

また、冬用グローブでも対応しきれないような寒さの日は、これを下に着けることでさらに防寒性をアップすることもできるので、「もう冬用グローブは持っているから要らない」という人でも持っていて損はないと思います。

寒さがより一層厳しくなるこれからの季節。指先の寒さにお困りの方はぜひ買ってみてはいかがでしょうか?

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-自転車関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.