自転車関連

冬ライドでも顔が暖かい!パールイズミのサイクリングフェイスマスクを買ってみた

更新日:

冬ライドの厳しさは寒さとの戦いですが、特に毎年困らされるのは顔の寒さです。腕や脚は厚着をして風を防ぐことができますが、顔はなかなかそうもいきません。これまでバンダナ的なものを巻いたりしてみましたが、暖かくても息苦しいと一長一短でした。

やはり自転車ライドにはそれ専用のアイテムがあった方が良いかなと思い、今回はこんなモノを買ってみました。

ということで、今回紹介するのはパールイズミのサイクリングフェイスマスクです。暖かさと快適性の両方を兼ね備えたオススメのフェイスマスクなのです(・∀・)

スポンサーリンク

開封してみた

起毛素材が暖かい

開封してみたところがこんな感じです。顎から鼻・耳までをすっぽりと覆えるように、前面が大きめの作りになっています。一方、背面は狭くなっているので顔の後ろまでを覆える構造にはなっていません。

素材はポリエステル製の起毛生地(いわゆるフリース)でとても軽くて暖かいです。まさに冬にぴったりの装備という感じがします。

通気性も良好

暖かさだけを重視すると通気性が犠牲になってしまいがちですが、そこはさすがのパールイズミ。しっかり工夫されています。

写真のように、口と鼻に接する部分は一部がメッシュ素材になっているので、ある程度の通気性が確保されています。ライド中の息のしやすさはかなり大切なポイントなので、こうした工夫が嬉しいですね(^^)

実際に装着してみた

外観のチェックもほどほどに、早速装着してみました。顔の後ろでマジックテープを止めるだけなので簡単に装着できます。

ちょっとわかりにくいですが、上写真のような感じで顔の前面から頬や耳までを覆う形になります。首の辺りもある程度はカバーできるので、前からの風はほぼ完全に防げます。実際に朝方の早い時間に走ってみましたが、このフェイスマスクのおかげで顔の寒さはほとんど感じませんでした。

また、このように前生地をめくってあげれば、口の部分だけを露出させることも可能です。登りなどの負荷がかかりやすい場面では呼吸も荒くなってくるので、そのときに邪魔にならず快適です。

まとめ

首から顔にかけては厚着がしにくい箇所なので、こうしたフェイスマスクは冬にはとても重宝すると思います。自転車用だけあって、通気性などライド中の利便性もちゃんと考えられている点が気に入りました(・∀・)

前からの風はほぼ通さないので、冬の向かい風でも顔は暖かいままで、最初から最後までかなり快適にライドを楽しむことができました。

気になるところがあるとすれば、停止したときに鼻の脇から息が漏れて、アイウェアが曇ることでしょうか。再び走り出してしまえばすぐに曇りはなくなるので、走行中に危険を感じることはありませんが、人によっては気になるかもしれません。

寒ささえ防げれば、冬のライドは汗も少なく快適で楽しいものになるので、顔の寒さにお困りの方はぜひ買ってみてはいかがでしょうか。

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-自転車関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.