自転車関連

あこがれのアイウェア!「オークリー FLAK JACKET」を新調してみた!

更新日:

今回はある自転車アイテムを新調したので、その紹介です。

以前このブログでも紹介したクーレンズのアイウェア。実はこのアイウェアは去年の奥多摩での転倒事故で壊れてしまっていました。

事故以降はアイウェアなしで乗っていましたが、最近になってそれだと安全面に不安を感じることが多くなったので、思い切って憧れのメーカーのアイウェアを新調してみました!

flak_jacket_body

ということで、今回紹介するのはオークリーのアイウェア「FLAK JACKET」です。アイウェアの専門店オードビーさんにて、度付き+調光レンズの組み合わせでオーダーしてみました(・∀・)

スポンサーリンク

さっそく外観をチェック

オーダーするときに外観はしっかりチェックしていたのですが、あらためて完成品を見てみるとやっぱりカッコいいです(・∀・)

まず、今回は度付きレンズということでレンズそのものにかなり厚みがあります。また、フレームに合わせて全体に湾曲がついているのも特徴的です。

flak_jacket_lens

意外とレンズの見た目がごついことに驚きましたが、一度かけてしまえば視界も広くて周辺部のゆがみもあまり感じませんでした。やはり、視界の広さの面ではインナータイプのレンズよりも桁違いに良いです。

続いて、鼻パッドは普通のメガネに比べると大きめのものが付いています。

flak_jacket_nosepad

鼻との接地面も大きいので、かけたときにしっかり支えてくれている感じがします。かけ心地も良いので、長時間の使用でも違和感なく過ごせそうです。

ツルの部分はグリップ性の強い素材になっているので、使用中にずれてくることもなさそうです。かけたときのホールド力も普通のメガネより強く安定感がありました。

flak_jacket_frame

ちなみにですが、持ち運び用のハードケースも付属しているので、移動時も安心です。

flak_jacket_case

調光レンズがイイ感じ!

私がアイウェアを新調する上でこだわった点が「調光レンズ」であるということ。調光レンズというのは、紫外線の強さに応じて色の濃さが変化するレンズのことです。

濃さが一定のレンズであれば、その濃さによっては夜間や室内では使えないなどの制限が出てきてしまいます。一方、調光レンズであれば昼間は色つき、夜間は透明というように幅広い場面で視界を確保することができるというメリットがあります。

flak_jacket_gray

私がオーダーしたレンズも、上写真のように太陽の下では色がグレーに変化します。これによって、場所と時間を問わず常に安定した視界を確保できるようになるので、ライド中の安全性もバッチリです(・∀・)

また、休憩で室内に入ったときにメガネを替えなくても良いという便利さもあります笑

まとめ

以前に購入したクーレンズのアイウェアと比べるとお値段は何倍もしますが、性能的にも見た目的にも大満足です。やはり安全に関わる大事なアイテムの1つなので、ある程度こだわったものにして正解でした。

今回、私は度付き+調光レンズをオーダーしましたが、普通の度付きレンズであればお値段も抑えられます。自分がどういう使い方をしたいのかを見極めてオーダーすれば、きっと後悔のない1本にできると思います。

また、購入の際は専門店に相談することがオススメです。やはりスポーツ用のアイウェアはフィット感が大切なので、細かいフレームの微調整やレンズの選択など、アドバイスをもらえるお店でオーダーするのが良いと感じました。

さて、これからはこのアイウェアと一緒にサイクリングを楽しみたいと思います!

ではではノシ

-自転車関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.