PC ガジェット

買ってすぐ動かせる!Raspberry Pi4スターターキットを買ってみた!

今回はマニアックなモノのご紹介です。

ガジェット好きとしては「手のひらサイズPC」などのニッチなガジェットは大好物です。

過去にも、手のひらPCの代表格であるRaspberry Piを買ってみたことがありましたが、その最新モデルが出たということで買ってみることにしました(・∀・)

ということで、今回紹介するのはRaspberry Pi4のスターターキットです。必要なモノが全部入りになっているお買い得なキットなのでした。

スポンサーリンク

これ1つで全部が揃う

Raspberry Piは世代を経る毎に動作要件が少しずつ上がっており、電源やケーブルなどの規格がちょっと特殊になっています。

全てを自力で揃えることはもちろん可能ですが、それなりに面倒なので今回は全部入りのキットを買いました。中身は以下の通り、かなりの盛りだくさんです。

  • RaspberryPi4本体(4GBメモリモデル)
  • 電源アダプタ(ON/OFFスイッチ付き)
  • HDMIケーブル(micro-HDMI)×2
  • 64GBのマイクロSDカード(OS書き込み済み)
  • カードリーダー(USB-A&C両対応)
  • 専用ケース&工具
  • ヒートシンク×3つ
  • 小型空冷ファン

ヒートシンク+空冷ファン付きで安心

このキットの嬉しいポイントは、ケースだけでなくヒートシンク+空冷ファンが付属しているということです。

Raspberry Pi4は消費電力が大きいため、何かしらの冷却が推奨されています。なかなか初心者だとハードルの高いところですが、キットになっていると安心して使えますね。


セットアップの手間も少ない

ハードルの高い作業の1つがOSの書き込みですが、その点も心配無用です。

付属のSDカードに最初からOSが書き込まれているので、本体にSDカードを挿して電源を入れればそれだけで使えてしまいます。必要な作業はケースへの組み込みとケーブルの抜き差しだけです。

コメント

カードリーダーが付属しているので、上級者の方は好きなOSに入れ替えてみるのも面白いかもしれませんね。

セットアップしてみる

さっそくセットアップして遊んでみます。こちらがRaspberry Pi4本体。色々な端子がむき出しなので、ケースへの組み込みが必要です。

ヒートシンクの取り付け

まずは冷却用のヒートシンクを貼り付けます。貼り付け箇所は全3箇所(下写真の赤丸部)あります。

付属のヒートシンクも3種類あるので、それぞれを貼り付けます。貼り付け箇所に合わせたサイズになっているので「どのヒートシンクをどこに?」と迷うことはないと思います。

ケースに組み込む

ヒートシンクが取り付けられたら、次はケースへの組み込みです。

ちょっとはめにくいですが、ぴったりサイズで収まります。端子にダメージがないようにだけ注意しましょう。組み込みができたら、付属のネジで固定しておきます。(この時点ではフタを閉めないように)

空冷ファンの取り付け

続いて、冷却用のファンの取り付けです。こちらはケースのフタに取り付けます。向きによって吸気と排気を変えることができますが、個人的なオススメは吸気(=ヒートシンクに風を当てる)です。

最後に、ファンの電源ケーブルをRaspberry Pi本体のピンに挿します。挿す位置は下写真を参考にしてみてください。

これでセットアップは完了です。あとは本体にSDカードを挿し、電源やHDMIなどを繋げば完成です。まさに手のひらPCというサイズ感が良いですね!

どこまで使えるのか?

手元で色々と遊んでみましたが、手のひらPCとしてはかなり高性能だと思います。

YouTubeのフルHD動画なども普通に再生できますし、ブラウザなどのアプリケーションもあまり引っかかりなく動きました。

さすがに普段使いのPCの置き換えにはなりませんが、プログラミング学習やサーバー用途での活用には十分な性能だと思います(・∀・)

まとめ

遊んでみるにも少しハードルを高く感じてしまうRaspberry Piですが、このキットなら必要なモノが全部入りなので、その手に詳しくない方でもその日から遊び始めることができます

活用についても、ネットを探せばサーバーや電子工作などの利用例もたくさんあるので、色々と夢が広がるガジェットだと思います。

とてもマニアックな製品であることは間違いないですが、気になる方はぜひ買ってみてはいかがでしょうか?

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-PC, ガジェット

© 2020 つれづれモノ日記