スマートフォン関連

iPhone7用の保護ケース「Spigen ウルトラ・ハイブリッド」を買ってみた

2017/05/03

ここ何回かはiPhone7関連のアイテムを紹介していますが、今回は保護ケースの紹介です。

iPhone7用に購入した保護ガラスがSpigenだったこともあり、相性的に同じSpigenなら問題ないだろうということで、こんなケースを買ってみました。

というわけで、今回紹介するのはSpigenのiPhone7用保護ケース「ウルトラ・ハイブリッド」です。ネーミングが中二病っぽい感じもしますが、個人的にはお気に入りのケースでした(・∀・)

スポンサーリンク

Adsense

TPUとポリカーボネートのハイブリッド

このケースは製品名にもあるように、2つの素材のハイブリッドでできています。

バンパーはTPU

まずバンパー部分ですが、こちらはTPUという少し柔らかめでグリップの効いた素材が使われています。感触的には固めのゴムみたいな感じです。

手で握る部分なので滑りにくさは大切ですし、万が一落としたときにも衝撃を吸収してくれる効果があります。

背面はポリカーボネート

背面は透明なポリカーボネートという固めのプラスチックのような素材でできており、透明感が高くとてもきれいです。

iPhone本体をはめたときに、背面の林檎マークが透けて見えるので、iPhone自体のデザインを生かしたいユーザーには嬉しいですね(・∀・)

さっそく付けてみた

さっそくiPhone7をケースにはめてみた様子はこんな感じ。バンパー部分が分厚いので「ケース付けてる感」は結構あります。

ボタンやポートへのアクセスがしにくくないかと不安だったのですが、ボタンは押しにくい感じもなく問題なしです。ポートに関しても、かなり余裕を持って作られているので、純正以外のLightningケーブルでも大丈夫そうです。

バンパーの構造に関心

あとから気づいて感心したのがバンパーの構造でした。このケースのバンパーはフチが高くなっており、このおかげでどちらの面を下にして置いても、本体が地面に擦れないようになっています。

iPhoneの場合はカメラのレンズ部分が出っ張っているので普通なら少し気を遣うところですが、このケースなら机の上に気軽に置いたりできるので便利です。

まとめ

本体の保護はしっかりしながらも、iPhoneのデザイン性を損なわないという点で個人的には満足でした。全体の作りも雑なところは見られないので、安心して使えるケースという印象です。

バンパー部分が厚手に作ってあるので全体は少しゴツい感じになりますが、それさえ気にならなければオススメできるケースだと思います。

やはりケースはスマホの見た目を決める大事なアイテムの1つなので、お気に入りの一品を使いたいものですね(・∀・)

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

このケースと一緒にガラスフィルムはこれを使っています