スマートフォン関連

iPhone7にSpigenのガラスフィルム「GLAS.tR SLIM」を貼ってみた

更新日:

今年に入ってスマホをiPhone6からiPhone7に機種変した(ブログ記事はこちら)わけですが、やっぱり新しい端末には傷を付けたくないので、さっそくiPhone7用のガラスフィルムを購入することにしました。

ということで、今回紹介するのはSpigenのガラスフィルム「GLAS.tR SLIM」です。Spigenといえばケースのイメージが強いですが、その実力はいかに!?

スポンサーリンク

充実の付属品たち

開封したところ、フィルム本体以外の付属品もかなり充実していました。

中身の内訳としては、以下の通りでした。

・保護フィルム
・画面拭きクロス
・画面拭きウエットクロス
・ホコリ取り用シール
・位置決め用シール
・説明書

フィルムを貼る上で必要な道具がセットになっている感じですね。別途道具を用意しなくてもこれらだけで作業を完結できるので、初心者の方にはオススメです(・∀・)

実際に貼ってみた

さっそくiPhone7に貼ってみた様子がこんな感じです。私は横着して付属の位置決め用シールなども使うことなく、とりあえずぺたっと貼ってみました。

ぱっと見た感じでは特に目立った気泡もなく、フィルムとしては問題ありません。硬度も9Hと十分ですし、触ったときの指の滑りやすさも特に問題ありませんでした。

ラウンドフォルムなので欠けにくい

ガラスフィルムの弱点といえば、ガラスであるが故にフチが欠けやすいということです。その点、このフィルムはフチがラウンド(面取り)しているタイプなので欠けづらくなっています。

写真だとわかりにくいかもしれませんが、手で触ってみても確かに丸みを感じます。とはいっても完全に欠けないわけではないので、取り扱いに注意が必要なことに変わりはないですね。

貼り直し厳禁?

実は貼っている途中、位置が少しずれていることに気づいて貼り直しをしました。

フィルムの角を持ってペリペリとはがしてまた貼ってということをしたのですが、そのときにフィルムが少し湾曲してしまったらしく、完全に張り付かなくなってしまいました涙

こればかりは私のミスなので製品自体に全く非はありませんが、貼り直しには不向きなフィルムなのかなと思うので皆さんもお気をつけください。今思えば、そうしたミスをなくすための位置決めシールだったのかも…笑

まとめ

画面保護という役割はしっかり果たしてくれるので、全体的には満足です。付属品も充実しているので、フィルム貼りに慣れていない人でも比較的貼りやすいと思います。

1週間ほど使ってみた感想としては、フチの辺りがやや浮いているような感じがありますが、気にさえしなければ実害もないのでOKです。外出時にポケットに雑に入れても特に画面に傷が入るようなこともないので、保護効果も特に問題ないと思います。

お値段も2000円以下とガラスフィルムの中ではお求めやすい方だと思うので、興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-スマートフォン関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.