PC関連

打ち心地が素晴らしいキーボード「REALFORCE 91UBK-S」を買った!

2017/08/11

私は仕事でもプライベートでもパソコンに向かっている時間が多いので、1日の中でキーボードを叩いている時間が多いことになります。

そこで最近、「1日中触っている道具くらいはこだわっても良いのでは?」という想いから、キーボードの買い換えを検討していました。そして今回、ついにキーボードを購入したので紹介したいと思います。

ということで、今回紹介するのは東プレのキーボード「REALFORCE 91UBK-S」です。文字入力に特化し、打ち心地を追求したというキーボードですが、はたしてどんな感じなのでしょうか?

スポンサーリンク

Adsense

さっそく開封

製品名にもある「REALFORCE」は、文字入力に特化したキーボードとしてその界隈では有名ですが、今回購入したのはその中の静音モデルになります。早速開封してみると見た目はこんな感じ。

ボタンの種類や配置はごく普通のキーボードで、ショートカットキーも一切付いていません。ゲーミングキーボードのような多目的向けではなく、まさに文字入力に特化したキーボードと言えます。

キートップはレーザー方式で印字されています。やや金色に近い色で印字されているため、高級感もあり見やすいです。個人的には「仮名なし」の印字が嬉しいですね。

本体底面からは3方向にケーブルを出すことができます。ケーブルの長さも約1.6mと余裕があるので、取り回しに苦労することはあまりないと思います。

その他には、傾きをつけるための足がついているだけです。これまでのREALFORCEシリーズにあった機能設定用のDIPスイッチは、このモデルには付いていません。

キー配置にもこだわりあり

このキーボードのこだわりがうかがい知れることとして、各キーの配置があります。

上から見るとごく普通のキーボードに見えますが、上写真のように横から見ると、手前のキーがやや高い位置に配置されていることが分かります。これによって手前のキーでも押しやすく快適にタイプできるようにしているようです。

実際に使ってみた感想

肝心の使ってみた感想ですが、一言でいうと「すばらしい」です。とにかくキーが押しやすく、軽快にサクサクと入力ができます

特に私が購入したモデルは変荷重キーを採用しているので、キーによって押す力が異なります。最初は違和感がないか心配でしたが、これが逆に快適でどのキーもほぼ同じ感覚でタイプできました。

また、キーがまっすぐに入っていくので、キーに加えた力が逃げることなく伝わっていく感じがします。前に使っていたキーボードに比べて、文章を書いていても疲れにくくなりました

とにかくキー入力が楽しくなるキーボードで大満足です(・∀・)

まとめ

キーボードとしてはかなり値段が張りますが、個人的には超オススメのキーボードです。日頃からキーボードに向かって文章を書いている時間が多い方は、買って後悔しないと思います

逆にPCゲームなどの用途で購入してしまうと、キーの少なさや変荷重が裏目に出ることもあるので、ゲーム用途での購入はあまりオススメできません

REALFORCEシリーズ自体はテンキーの有無やキー荷重、キー配列など様々なバリエーションがあるので、購入時は好みに合ったモデルを選択すると良いと思います。もちろん、キーの重さやタイプ音は人によって好みに差が出るので、一度店頭などで触ってみるのが吉です。きっと、一度触れば他のキーボードとの違いを感じられると思います。

このキーボードは耐久性が高いことでも有名なので、私はこれからも末永く使っていきたいと思います。

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能