ガジェット 音楽

コスパ抜群のANCヘッドホン「Jabra Elite 85h」を買ってみた!

自宅作業では音楽を聴くことが多いのですが、イヤホンだと長時間の着用で耳が痛くなることがしばしば…。

とはいえ、スピーカーは家族や近所への迷惑が気になるので困っていたところ、なかなか良さげなヘッドホンを見つけたので買ってみることにしました。

ということで、今回紹介するのはJabraのアクティブノイズキャンセリング(ANC)ヘッドホン「Elite 85h」です。私は自宅用として購入したため、その観点でのレビューとなりますm(_ _)m

スポンサーリンク

開封してみよう

実はちゃんとしたヘッドホンを購入するのはこれがはじめて。わくわくしながら開封してみたところ、さっそくケースがお目見えです。作りはしっかりしており高級感があります。

中にはヘッドホン本体と付属品が収まっていました。ヘッドホン本体は折りたたんで収納する形です。付属品は内部の仕切りでヘッドホン本体と隔てられているので、ケース内でごちゃっとすることもありません(・∀・)

内容物は以下の通り。ヘッドホンとしては必要十分のように思います。

  • ヘッドホン本体
  • USB-Cケーブル(充電用)
  • オーディオケーブル(3.5mmジャック)
  • 二股ジャック(飛行機でよくみるタイプ)

デザインはとってもおしゃれ

ヘッドホン本体はファブリック生地が多く使われており、欧州メーカーらしい雰囲気を感じさせます。

ちょっとホコリが付きやすそうなのが気になりますが、個人的には好きなデザインです。

側面はそのまま操作ボタンになっており、音量の上下や再生の開始/停止をコントロールできます。

ボタンはクリック感があり、手触りでどのボタンかも分かるので操作にストレスはありません。

今回購入したのはAmazon限定カラーで、アーム部分はカッパー色(銅色)です。こちらもとても落ち着いた配色で高級感があります。

そのほか細かいところでは、充電端子や音声入力端子は本体下部に集中しています。充電はUSB-C、音声入力は一般的な3.5mmジャックです。

使い勝手のほどはいかに?

ここからは肝心の使い勝手についてみていきます。個人の感覚によるところもありますが、参考になれば幸いです。

装着感はまずまず

まずは装着感について。アーム部分は無段階で伸縮可能です。最短と最長それぞれの場合の比較を下に載せておきます。

海外製のヘッドホンに多いらしいですが、最長にしてもあまり長さに余裕はありません。私の場合、最長にしてちょうど良いくらいでした。頭が大きい人だと窮屈に感じることもありそうです。

装着感に大きく影響するイヤーパッドはふわふわで感触が良いです。革製なのでちょっと汗が付きやすいかなという印象ですが、涼しい室内で使う分には何の問題もありません。

接続性・操作性はグッド!

接続性・操作性については何の不満のないくらい快適です。

親機との接続はBluetoothですが、使用中に途切れることもなく雑音も感じません。

また、このヘッドホンはマルチポイントに対応しており、最大8台のBluetoothデバイスとペアリング登録が可能です。さらにそのうち2台のデバイスと同時接続できます。

コメント

スマホとPCを登録しておけば、シームレスに再生デバイスを切り替えられて便利です

また、ヘッドホンの装着状態を自動で判断する機能もあるため、ヘッドホンの付け外しと音楽の再生停止がちゃんと連動します

ヘッドホン本体の電源ON/OFFも本体の折りたたみに連動するので、煩わしい操作は一切必要ありません。これが使ってみるとかなり便利です。

ノイズキャンセリングも良好

このヘッドホンの特徴の1つがノイズキャンセリング機能です。アクティブノイズキャンセリングなので、しっかりと雑音をカットしてくれます。

自宅で使用している限りでは、キーボードの打鍵音・エアコン/扇風機の動作音あたりはかなり軽減され、しっかり音楽に集中できるリスニング環境を得られます。もちろん外音取り込みも可能です。

ただし、ノイズキャンセリングのON/OFFや外音取り込みについては後述するアプリからの制御になります

コメント

本体だけでノイズキャンセリングのON/OFFができないのはちょっと不便かも…

専用アプリでのカスタマイズも秀逸

Jabra純正のスマホアプリがリリースされており、それを使うことでイコライザやノイズキャンセリングのレベル調整など、様々なカスタマイズを行うことができます。

イコライザはプリセットだけでなく、オリジナルの設定も登録可能です。音楽にこだわりのある方には嬉しい機能ですね。

また、個人的におすすめの機能が環境音の再生機能です。アプリから雨音や小鳥のさえずりなど、作業用BGMとしてちょうど良い環境音を流してくれます

これとノイズキャンセリングを組み合わせるだけでも自宅作業が捗ります(・∀・)

まとめ

アクティブノイズキャンセリングに加え、2台同時接続やアプリによる細かい制御など、盛りだくさんの機能が魅力的です。

実売で24000円ほどと、このクラスのヘッドホンとしてはコスパ抜群の製品だと思います。

使い勝手も特に問題はなく、バッテリー持ちもノイズキャンセリングONの状態で最長36時間とかなり長いです。私は自宅での使用が主ですが、旅行や出張などへの持ち出しでも十分に使えるヘッドホンと言えます。

多くの機能がアプリからの制御になるのがたまに不便さを感じますが、そのほかの便利機能を考えると些細なことだなと思えてしまいます。

アクティブノイズキャンセリングヘッドホン=SONYという印象もありましたが、「Jabraもいいじゃん!」というのが素直な感想です。価格もSONYと比べてかなり安いので、気になる方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-ガジェット, 音楽

© 2020 つれづれモノ日記