自転車関連

ELITEのサイドエントリー型ボトルケージ「Cannibal XC」を買ってみた

更新日:

自転車ライド中、走りながらの水分補給が苦手という人は多いと思います。かくいう私もあまり得意ではなく、取り出したボトルを元に戻すのにいつも手間取ってしまいます。

実際、走りながらの水分補給は多少のテクニックも必要になりますが、以前からボトルケージそのものが少し使いにくいと思っていたので、新しいモノを試してみることにしました。

ということで、今回紹介するのはELITEのボトルケージ「Cannibal XC」です。私にとっては初めてのサイドエントリー型ですが、はたして使い勝手はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

サイドが大きく開いたデザイン

サイドエントリー型というのは、ボトルを正面ではなくサイドから出し入れするタイプを指します。下写真のように、サイドが大きく開いているデザインが特徴的です。ボトルを差し込んだ時には、前後から挟み込む形でボトルが保持されるようになっています。

サイドエントリー型って何がいいの?

今回、私がサイドエントリー型を選んだ理由は、ボトルの出し入れのしやすさです。

これまでは正面からボトルを出し入れするタイプのケージを使っていましたが、そのタイプだと一度ボトルを上に逃がさないといけません。そうすると、下写真のようにトップチューブとの間のスペースが狭くなり、ボトルがフレームにぶつかるということが多くありました

一方、サイドエントリー型なら真上ではなく斜め横にボトルを逃がすことができるため、フレームにぶつかりにくく、スムーズに出し入れができるという利点があります(・∀・)

実際に装着してみた

さっそく自転車に取り付けてみます。ちなみに、このボトルケージは取り付け口が縦方向に広いので、1~2cmほどの間で取り付け位置を上下に調整することができます

腕の長さやライド中の姿勢によって自分に合った位置に設定できるので、使いながら少しづつ調整していくのが良いと思います。そして、実際に取り付けてみた様子がこんな感じ。

見た目的にはかなりスタイリッシュでイイ感じです。使い勝手も良好で、試しに何度かライド中の姿勢でボトルの出し入れをしてみましたが、サイドからアクセスできることでかなりボトルを扱いやすくなりました。

まとめ

以前からボトルケージまわりが気になっていたので、それを改善することができて満足の買い物でした。実際に試してみるとサイドからの取り出しは楽なので、初心者の方でも簡単に扱えて良いと思います。

一方、ボトルとの相性は選ぶかもしれません。というのも、ボトルを保持するアームの先端はゴムっぽい素材でできており、ボトルによってはグリップが効き過ぎて取り出しにくくなる場合があります。ボトル表面がツルツルとした素材なら特に問題ないですが、気になる方はショップなどで試してみた方が良いでしょう。

ちなみに、上写真に写っているポディウムチルボトルはまさにそのケースだったので、私はボトルも新調しました笑。そちらも近いうちに紹介したいと思います。

ではではノシ

2018/7/14 追記

同じくELITEのボトルを買ってみました。興味のある方はぜひご覧くださいm(_ _)m

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-自転車関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.