カメラ

純正キャップとの相性抜群!「NiSi UHD UVフィルター for X100V」を買ってみた

こんにちは。よっさん(@mono_diary)です。

先日購入した富士フイルムのコンパクトデジタルカメラ「X100V」ですが、とても気に入って愛用しています。

カメラは長く大切に使いたい派の私にとって、レンズプロテクターはマストアイテム。しかし、純正品はいろいろ不満を抱える人も多いとのこと…。

そこで、ネットでも「これはイイ!」と高評価が続いていたプロテクターを買ってみることにしました。

ということで、今回紹介するのは「NiSi UHD UVフィルター for X100V」です。前評判通り、イイ感じのレンズプロテクターでした(・∀・)

スポンサーリンク

広告の表示がブロックされています。

さっそく開封

さっそく開封してみたところがこんな感じ。X100V本体の色に合わせてブラックを購入しました。

レンズプロテクターなので、これといって見た目に特徴はありませんが、作りに雑さは見られません。フィルター部分の透明度も問題なしです。

取り付けてみよう

X100V本体に取り付けてみます。取り付け方はとても簡単。

まずはX100V本体についているアダプタリングを取り外します。これはネジ式で固定されているだけなので、くるくる回せば外れます。

あとはアダプタリングの代わりにレンズプロテクターを付けるだけ、ものの1分で作業はおしまいです。

取り付けた感じはプロテクターの色がX100V本体の色とマッチしており、純正品と言われても信じてしまいそうな一体感です。素晴らしい。

使ってみた感じは?

純正のレンズキャップが使える!

純正のプロテクターではなく、この製品を選んだ理由は「純正のレンズキャップが使える」という点です。

X100Vには被せ式のレンズキャップが付属していますが、その使い勝手がとても心地よく気に入っていました。

しかし、純正のプロテクターだと付属のキャップが使えなくなるということで躊躇していたのですが、今回購入したプロテクターであればそのまま使えます。

コメント

キャップは頻繁に取り外しするので、その作業に余計なストレスがないのはホントに楽ですね

コントロールリングが回しにくい

全体的には満足ですが、小さな不満点が1つ。

これは人によって感覚が分かれると思いますが、ややコントロールリングが回しにくくなります

プロテクターをつけることでレンズ側面が面一にならず、少しばかりの段差ができます。このせいでリングと指のフィット感が損なわれてしまい、回しにくさを感じてしまいました。

デジタルテレコンを頻繁に使う方は、気になるポイントかもしれません。

まとめ

X100Vのレンズ保護にお悩みの方にはオススメの一品です。

特に色・デザインともに純正品と言われても信じてしまうくらいにX100V本体とマッチするので、見た目を損なわずにレンズを保護したいという方にはぴったりだと思います。

ただ、先述のようにコントロールリングまわりの操作性が気になる場合もあるので、そこは個人の好き嫌いが出てくるポイントになるかも。

シルバーも用意されており、X100V専用品としては数少ない選択肢の1つです。X100Vユーザーの方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

© 2021 つれづれモノ日記