PC関連

3Q-LEVOのMacBook Pro向けUSB-Cハブを試してみた

投稿日:

2016年以降のMacBook Proでは、外部ポートがUSB-Cのみとなってしまったため、従来の周辺機器が直接は使えません。

しかし、まだUSB-C対応の周辺機器は充実していないので、現状はハブによる拡張が必須です。そこで、2016年以降のMacBook Proで使えるUSB-Cハブを試してみることにしました。

ということで、今回紹介するのは3Q-LEVOのマルチポートUSB-Cハブです。デザイン・機能共にMacBook Proの弱点をカバーしてくれる一品でした(・∀・)

スポンサーリンク

MacBook Proにぴったりのデザイン

ハブ本体を取り出してみたところがこんな感じ。今回はMacBook Pro本体の色に合わせてスペースグレイを選択してみました。

MacBook Pro向けのハブというだけあって、表面の質感もMacBook Proのそれに近く、デザイン的にはぴったりです。各ポートは本体側面を取り囲むような形で配置されています。

裏側には滑り止めが付いているため、机に置いたときには安定感があります。逆にハブとしての裏表が決まっているので、USB-Cとはいえリバーシブルには使えません。

必要な機能が全部入り!

肝心のポートは以下のようになっており、必要な機能はすべて網羅していると言えます。

  • USB-C(電源供給に対応)× 1
  • USB3.0 × 3
  • HDMI(4K対応)× 1
  • SDカード × 1

具体的な各ポートの配置は、本体の正面にUSB-C/HDMI/USB3.0がそれぞれ1つずつ配置されています。USB-Cポートは電源供給にも対応しているので、このポートに電源をつなげば、ハブを介してMacBook Pro本体への充電が可能です。

本体側面には2つめのUSB3.0ポートが付いています。隣のポートと干渉が起こらない位置に付いているので、なにかと使い勝手がよいですね。

そして、本体背面には3つめのUSB3.0ポートとSDカード端子が付いています。SDカードはフルサイズとなっているので、デジカメからの写真転送などに重宝しそうです。

実際に使ってみた

実際にMacBook Proに取り付けた様子がこんな感じです。見た目的には全く違和感がありません。ちなみに、MacBook Proの向かって左側のポートに取り付けたときには、HDMIやUSB-Cポートのある面が後ろに来ます。

13インチのタッチバーなしモデルでは左側にしかポートがないので、使用時の実質的な各ポートの向きは固定されていると考えて良いです。とはいえ、HDMIなどの映像出力端子は後ろに来て欲しい場合が大半だと思うので、特に問題はなさそうです。

肝心の使い勝手ですが、こちらは全く問題ありませんでした。HDMIからの映像出力やUSB-Cポートからの充電、またSDカードの読み書きなど一通りの機能を動かしてみても特にストレスを感じることはありません

ただ、使用中はハブ本体の温度がかなり高くなります。最初の内は少し不安でしたが、時間が経ってもハブとしての機能に問題は出なかったので、そういうものとして割り切って使っています。

まとめ

MacBook Proの弱点でもある拡張性の低さをカバーできるという点ではおすすめの一品です。デザイン的にもMacBookシリーズにぴったりなので、見た目にもこだわりたい方には良いと思います。

USBポートを拡張するハブは多くありますが、HDMIとSDカードの両方を1つでカバーできるハブは種類が少なく値段も高いので、そうした意味でも狙い目となりそうです。

現行のMacBookシリーズの拡張性の低さにお困りの方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。ひとまず、USB-Cが普及するまでは私はこれで粘りたいと思います笑

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-PC関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.