自転車関連

自転車ライド時の温度調節にぴったり!「モンベル EXライト ウィンドバイカー」

更新日:

11月も終わりを迎え、本格的な冬が迫っていますが、まだまだ暖かい日があったりとなんだかハッキリしない天気が続いてます。

こんな時期に自転車に乗ると困るのが防寒対策。あまりにも薄着だと寒い、かといって厚着が過ぎると汗が噴き出る…なんてことになりがちなので、適度に温度調節ができると便利です。

そこで、今回は私がちょっとした防寒着として使っているウェアの紹介です。

windbiker

というわけで、今回紹介するのはモンベルの自転車用ウインドブレーカー「EXライト ウィンドバイカー」です。軽量でコンパクトなとっても便利なウェアなのです(・∀・)

スポンサーリンク

自転車のための工夫がいっぱい

このウェアは簡単に言ってしまえばウインドブレーカーです。ウインドブレーカーといえば手軽に使える防寒着の代表ですが、このウェアは自転車用というだけあって各所に工夫がなされています。

生地が薄くて軽い

まず私が驚いたのがその生地の薄さ。裏が透けて見えるほど薄い生地でできています。悪くいえば、見た目と肌触りともにゴミ袋のようですが、その分だけ軽いのでライド時の負担になりません。重さが負担に直結する自転車だからこそ、重さにこだわって作られているのかも。

windbiker-cloth

ここまで薄いと耐久性に不安がありますが、見た目の割には丈夫で雑に扱っても穴などは空いていません。破れや裂けに強い素材を使っているとのこと。

通気性もしっかり確保

一般的なウインドブレーカーは通気性が確保されていませんが、このウェアは自転車用ということでその点もしっかりカバー。このように脇の部分にメッシュを作ることで、内側が蒸れないようになっています。

windbiker-mesh

一見すると寒そうですが、汗で身体を濡れたままにしないことも防寒には大切なので、適度に通気性があったほうが良かったりするのです。

ずり下がり防止機能付き

あとの細かい工夫としては、手首の裾に付いているずり下がり防止のリングです。このように親指にリングを通しておくことで、裾がずれて肌が露出することを防止してくれます。

windbiker-ring

必須というわけでありませんが、ライド中は両手がふさがってしまう自転車乗りに対する心使いを感じますね(・∀・)

収納時もとってもコンパクト

私がこのウェアを選んだ理由の1つがそのコンパクトさ。荷物を少しでも減らしたい自転車では小ささこそ正義です。

まず、このウェアには収納袋が付属していません。というのも、収納袋そのものがウェアに張り付いているから。脇腹付近の裏地部分と一体化してポケットのようになっています。

windbiker-pocket

収納するときには、このポケットを裏返す形でぐいぐいと詰め込んでいくだけです。畳んだりとかは一切無く、かなり適当に詰め込んでいってもOK。

windbiker-store

そして、最終的に詰め終わるとその大きさは手のひらサイズに。iPhone6と比べてもその小ささが分かると思います。雑にしまってこのサイズなので、きれいにしまえばもっと小さくできるかも。

windbiker-stored

これだけ小さいとジャージのポケットやサドルバッグなど、どこにでもしまうことができます。持って行こうか悩まずにとりあえず持って行くということができるのも嬉しい限りです(・∀・)便利!

まとめ

肝心の防寒性としては、個人的には特に不満はありません。生地が薄い分とても頼りなく見えますが、しっかり風を防いでくれるため、着ているだけでも体感温度がだいぶ違う印象を受けました。

秋冬だけでなく、汗が冷えやすい夏場のダウンヒルなどでの防寒にも使えるので、オールシーズン活躍できるウェアだと思います。

ただし、いくら防寒といっても真冬のライドではこれだけだと厳しそうです。あくまでも温度調節として、少し厚手のウェアの上から羽織ったりする使い方が向いていそう。

今後もこのウェアにはお世話になりそうです。こうしたウェアが1着あるとライドの快適さがぐっと高まるので、温度調節にお困りの方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

ではではノシ

2018/10/12追記

残念ながら、いまはもう販売されていないようです(´・ω・)。自転車用ではないですが、以下の製品が同じ系統のものかと思います。

-自転車関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.