自転車関連

夜道を安全に走ろう!自転車用ヘッドライト「CATEYE VOLT300」

更新日:

自転車に乗る上で一番大事なことは安全性です.

人や車にぶつかるのはもちろんのこと,ちょっとの段差でも大きな事故になってしまうのが自転車の怖いところ.特に夜道を走る場合なんかは個人的には生きた心地がしません.

しかし,どうしても夜道を走らなければいけないこともあるので,そんなときにはヘッドライトに頼ることになります.

そこで,今回はちょっと高めの自転車用ヘッドライトを買ってみました!

VOLT300

今回買ったのはCATEYEのVOLT300というヘッドライト.Amazonで5000円ちょっとでした.

「ついにCATEYEが本気を出した!」と話題になったこのライトの実力はいかに!?

スポンサーリンク

見た目もカッコイイぞ!

個人的には見た目ってすごく大切だと思います.やっぱりカッコイイと使っていて楽しいですしね.その点,このライトはデザイン的に私好みで大満足です.フォルムがミサイルっぽくてカッコイイ!

VOLT300-body

しかし!使いはじめてすぐに地面に落としてしまい,傷だらけになったことはここだけの秘密です(T_T)

USB充電が便利なのだ!

私がヘッドライトを選ぶ上で絶対に外せないのが「USB充電ができる」ということ.

これまではOWLEYEのヘッドライト(レビュー記事はこちら)を使ってきましたが,これでUSB充電の便利さを知ってからは必須項目になりました.

その点,このVOLT300はUSB充電に対応している上に,バッテリーが交換可能なため,予備のバッテリーさえ用意していればより安心して使うことができます.

ちなみに,バッテリーを外すとこんな感じ.本体の半分はバッテリーです.

VOLT300-release

バッテリーの充電には本体下部のUSB端子を使います.充電ケーブルは付属していますがMicro-USBなので,スマホのケーブルを流用できます.

ただし,点灯中は充電ができないので注意が必要です!

VOLT300-USB

バッテリー本体だけを取り外して,別売りの急速充電器で充電することもできます.たくさん使いたい方はそちらの方が良いかも知れません.

肝心の明るさはどうなのか?

たしかに便利そうだけど,肝心の明るさはどうなのか?ということで検証してみました(・∀・)

夜間にマニュアル撮影(条件はすべて同じに設定)で撮り比べてみました.以下がその結果です.

まずはライトを使わない場合.暗くて何も分かりません.
no-light

次にOWLEYEのライト.ないよりかはマシかなという程度です.
owleye

最後にVOLT300(一番明るいモード).OWLEYEとは明るさが圧倒的に違います.これなら夜道も安心して走れるかも(^ ^)
VOLT300-light

というわけで,これまでとは比べものにならないくらいの明るさを手に入れることができました(^_^)/

点灯パターンは全5種類

点灯パターンと点灯時間は以下の5種類があります.

  1. ハイ(約3時間)
  2. ノーマル(約8時間)
  3. ロー(約18時間)
  4. ハイパーコンスタント(約11時間)
  5. 点滅(約60時間)

このうち,ハイパーコンスタントは点滅の明るいバージョンみたいな感じでした.

常時点灯として,ローではちょっと暗いかなという印象です.かといって,ハイだと3時間しか持たないのでノーマルあたりが一番便利だと思います.

取り付け位置に注意!

ライト本体の取り付け位置ですが,説明書によればサイクルコンピュータとは3cm以上離して設置するようにとのこと.

実験してみましたが,確かにサイクルコンピュータと近すぎると正しく計測ができませんでした.皆さんも注意しましょう!

まとめ

ちょっとお高めのライトですが,安心をお金で買うと考えれば,それに見合っただけの性能は持っていると思います.

同じライトでも用途によって必要な明るさは変わってきますが,しっかり道を照らして走りたいときには有効なライトでしょう.対向車に自分の存在を知って欲しいだけならもっと安いやつで十分かも知れませんね.

だいぶ私の自転車装備も充実してきました!これでどこか旅に出たいなぁ~.

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-自転車関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.