生活用品

ミニマル派におすすめ!「Dom Teporna Italy 小さい 三つ折り財布」を買ってみた

更新日:

日頃持ち歩くモノは極力コンパクトにしたいミニマル派の私ですが、中でも財布に関しては、なかなかコンパクトかつ機能的なモノに出会えずにいました。

そんな中、ついに理想的とも思える財布を見つけてしまい衝動買いしたところ、それがとても良かったので紹介したいと思います。

ということで、今回紹介するのは「Dom Teporna Italy 小さい 三つ折り財布」です。コンパクトながら必要な機能は全部そろったミニマル派におすすめの財布です(・∀・)

スポンサーリンク

abrAsusの小さい財布に似てるけど…

この財布の一番の特徴はそのサイズ。なんと6cm×9cmとほぼカードサイズです。「このサイズにこのデザイン、まさか『abrAsusの小さい財布』の模造品か?」と思ったのですが、よく見ると細かいところが違っており、私個人としてはこちらの方が好みでした。

ちなみに、素材にはイタリアンレザーと呼ばれる本革が使用されています。色はキャメルを選びましたが、落ち着いた感じの色合いがとてもキレイです。

カード収納部

まず、前蓋を開くとすぐにカード収納部にアクセスできます。abrAsusの小さい財布同様、まとめてカードを収納しておくタイプです。

収納量について、公式の情報では2~3枚となっていますが、実際はもっと入りそうな感じです。また、使っている内に革が伸びてくると収納量も+1枚くらいは増えそう。

小銭入れ

続いて、カード収納部をめくると小銭入れが現れます。こちらも構造的にはabrAsusの小さい財布とほぼ同じですが、この財布には「小銭入れにも蓋がついている」という違いがあります。

私自身、abrAsusの小さい財布を買わなかった一番の理由は「小銭入れに蓋がない」ということだったので、これをクリアしていることは個人的にはすごく嬉しいポイントでした。

これなら、財布を開く方向を間違えても小銭が散乱せずに済みますね(・∀・)

お札収納部

最後にお札の収納ですが、こちらもabrAsusの小さい財布同様、小銭入れの裏側に滑り込ませるような形で収納できます。

この仕組み上、蓋を閉じたときにはお札を丸めるような形にはなりますが、お札自体にくっきりとした折り目は入らないので、会計時などに折り目だらけのお札を出すということもありません。

実際に収納してみた

さっそく、手持ちの財布から中身を入れ替えてみた様子がこんな感じ。

まず、カードに関してはクレジットカードや保険証などの厚手のカードを5枚入れてみました。若干、キツキツな感じはありますが、使用には特に問題なしです。ちなみに、交通系ICカードを先頭にしまっておけば、蓋をしめたままでも問題なくカードは反応しました。

続いて、小銭は大小合わせて10~15枚ほどありましたが、こちらも特に問題なく入りました。しかし、これだけ入れるとかなり膨れてしまうので、実際は10枚以下で運用するのがスマートな気がします。

最後にお札を5枚ほど入れて、蓋を閉じた様子がこんな感じ。少し膨れた感じはしますが、とてもコンパクトにすべて収まっています。

横から見ると膨れている感じが分かりますが、まだ革が新しく固いせいもありそうです。こういう革製品は使うほどになじんできて柔らかくなっていくので、その内に膨らみも収まってくると思います。

まとめ

サイズ、機能面ともにabrAsusの小さい財布とほぼ同じに見えますが、小銭入れに蓋が付いている分、こっちの方が便利なように思います

お値段も4000円台と革製品にしては安いにも関わらず、作りもしっかりしており、革の魅力も楽しめる良い財布だと感じました。

コンパクトさと引き換えに、普通の財布と比べれば収納量も少なく制限も多いですが、持ち物にミニマルさを求める人にはうってつけの財布ではないかと思います。カラーバリエーションも豊富なので、興味のある方はぜひ買ってみてはいかがでしょうか?

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-生活用品

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.