自転車関連

車での輪行に便利!BROSのホイールバッグを買ってみた

投稿日:

先日、知人の車で輪行をすることがありました。その人は「輪行袋にしまうのは面倒だからそのままで良いよ」と言ってくれたのですが、他人の車をホイールに付いた泥で汚すわけにはいきません。ということで、対策としてこんなモノを買ってみたので紹介したいと思います。

ということで、今回紹介するのはBROSのホイールバッグです。リーズナブルな価格かつ必要十分な機能を持っているホイールバッグなのでした(・∀・)

スポンサーリンク

どんなホイールバッグ?

このホイールバッグは、1つの袋に1本のホイールを収納するタイプです。そのため、製品自体も2枚1セットで販売されています。

2本を同時に収納するタイプと比べてかさばる感じはありますが、バラバラで収納できることによる取り回しの良さを考えると、車を使った輪行にはこちらの方が楽かもしれません。

実際に私がこれを使ったときも、車内で前輪と後輪をそれぞれ違う場所に置いておけるので、車内の空間が融通しやすく便利でした(・∀・)

細かい外観など

細かい外観的なところも、しっかりした作りになっています。まずは出し入れするためのジッパー部分ですが、こちらは左右に両開きできるようになっています。バッグを開け閉めするときの方向が制限されないので、ホイールの出し入れがしやすく好印象でした。

続いてベルトの部分ですが、こちらには肩当てパッドが付いています。ホイール自体は重いものではないので、肩当てパッドが必要かといえば微妙なところですが、手にぶら下げたときにも持ち手として使えるので、個人的には嬉しいポイントです。

外見だけでなく、中身もしっかりとした作りになっています。収納部分はただの袋というわけではなく、スプロケットにあたる部分は生地が2重で補強されています。

これならスプロケットカバーなどを使わなくても、袋が破れてしまうこともなく安心してホイールを運べますね(・∀・)

ちなみに、左右両方でこの補強はされているので、ホイール収納時にスプロケットの向きを気にする必要もありませんでした。

実際に収納してみた

さて、実際にホイールを収納してみたところがこんな感じです。ホイール全体をすっぽりと収納できています。26"×2.50"・700×38Cまでのサイズに対応しているので、一般的なロードバイクのホイールであれば問題なく収納することができます。

当然ですが、ホイールの形に沿った形状になっているので、バッグの中でホイールが変にがたつくようなこともなく安定していました。

まとめ

普段は輪行袋を使っているので、あまりホイールバッグの必要性を感じていませんでしたが、この機会に買ってみてとても便利だなと思いました。

特に車での輪行を頻繁にする方などは、1つ持っておくと帰り道に車内が泥で汚れることもなく快適に移動ができると思います。それ以外にも、自宅でのホイールの保管などにも十分に使えるバッグだと思うので、気になる方はぜひ買ってみてはいかがでしょうか?

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-自転車関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.