デジタル機器

貼り付け簡単!iPad mini用ガラスフィルム「GLASS PREMIUM FILM」を買ってみた

今回もiPad mini(2019年モデル)関連グッズということで、保護用のガラスフィルムの紹介です。

スマホと違ってタブレット端末はフィルムが大きく、貼り付けも難しいのですが、それを楽にしてくれそうな製品を見つけたので買ってみました。

ということで、今回紹介するのはLEPLUSのガラスフィルム「GLASS PREMIUM FILM」です。貼り付け用の治具が付属しているため、この手の作業が苦手な人でもキレイに貼れるオススメのフィルムなのでした。

スポンサーリンク

中身をチェック

製品を開封してみたところがこんな感じ。ガラスフィルム本体に加え、クリーニングクロス(ウエット/ドライ各1枚)・ゴミ取り用シール・マイクロファイバークロスが入っています。

付属品的にはよくある組み合わせですね。貼り付けに必要な道具は一式揃っているので、ほかにあれこれと準備する必要はありません。

実際に貼り付けてみた

ここからは実際の貼り付け作業です。このガラスフィルムは貼り付けキットが付属しているので、比較的簡単に貼り付けができます。

一見すると貼り付けキットらしきものは入っていないように思えますが、実はガラスフィルムが入っていた外装(ケース?)自体がキットになっています。これにはちょっとびっくり+感心しました。

ステップ1:iPad mini本体をセット

基本的には説明書通りに作業するだけで大丈夫です。まずは貼り付けキットにiPad mini本体をはめ込みます。ぴったりサイズなので、すでにカバーなどをつけている人は外してから作業しましょう。

ステップ2:ガラスフィルムをセット

次に上からガラスフィルム本体を被せます。このとき、貼り付けキット下部のでっぱりとフィルム本体側の青いシート部分を貼り合わせることで、自然とフィルムの位置合わせができるようになっています。

端末サイズが大きくなると、位置合わせもその分だけ難しくなるので、こうした仕組みがあると随分と楽になります。

ホコリに注意して貼り付ける

あとはフィルム裏面の剥離シートを剥がして貼り付けるだけです。すでに位置合わせは完了しているので、ホコリにさえ注意すれば難しいことはないと思います。

このとおり、ホームボタン付近もきっちり均等な位置に貼り付けることができました(^^)

ガラスの品質も良好

しばらく使ってみましたが、ガラスの品質もとても良いです。

硬度は10Hと傷に強く、透明度についても特に問題ありません。エッジ部分もラウンド形状になっているため、使っている内に欠けてくるようなこともなさそうです。

不安だったケースとの干渉についても大丈夫でした。あまりにも内側に食い込んでくるようなケースでは干渉しそうですが、一般的なケースであれば問題になることはないと思います。

まとめ

「フィルムの貼り付けって苦手…」という方にはオススメのガラスフィルムです。ガラス自体も品質も良いので長く使える一品だと思います。

1点だけ気になる点があるとすれば、Apple Pencilと組み合わせではやや滑りやすい印象を受けるかもしれません。絵を描くなどの細かい作業メインでは使いづらさを感じてしまうかも…。

ただ、普通のタッチ操作などであれば何の問題もないので、一般的な用途の範囲であればストレスなく快適に使えると思います。

ラインナップとしては、今回紹介した光沢タイプのほかに、反射防止タイプやブルーライトカットタイプも用意されています。メインの用途に応じて、自分にぴったりのフィルムを探してみるのも面白いかもしれませんね。

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-デジタル機器

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2019 All Rights Reserved.