自転車関連

自転車用グローブを買い換え「パールイズミ レーシンググローブ」

更新日:

奥多摩で事故ってからというもの、そこで壊れてしまったものを色々と買い直してきましたが、今回紹介するものでそれも最後です。

その最後のモノというのが自転車用のグローブ。これまではモンベルのサイクールというグローブを使ってきましたが、事故の時に破れてしまいました(下写真)。

cycool-broken

さすがにグローブなしで走るのも厳しいので、新しいグローブを購入してみました。いままでホントにありがとうサイクール…(T_T)

racing-globe-attach

ということで、今回紹介するのはパールイズムの「レーシンググローブ」というグローブです。さすがパールイズミというだけあって、作りのしっかりしたグローブなのでした(・∀・)

スポンサーリンク

クッション部分はやや硬め

自転車用グローブといえば、衝撃を吸収するためのクッションが各所に配置されているものですが、このグローブも当然クッションが付いています。

racing-globe-front

位置的には各指の付け根あたりを中心にクッションが入っています。クッション自体は私の感覚的にはやや固めに感じます。(逆にモンベルのサイクールが柔らかかったのかも)

とはいっても、固いから衝撃がもろに来るかといえばそんなことはなく、走っている最中はしっかりと衝撃を受け止めてくれました

細かい工夫がうれしい

自転車用ということもあり、あると何かと便利で嬉しい機能がちょこちょこと付いています。さすがはパールイズミ。

まず手の甲のサイドですが、こちらは生地がタオルっぽくなっており、流れてくる汗をぬぐうことができます。猛烈に汗っかきな私には必須と言ってもいい機能です(^^;)

racing-globe-side

そして、もう一つの便利機能が指の付け根にあるタグのようなもの。グローブを外すときはこの部分を引っ張ることで、少しだけ楽に指を抜くことができるようになっています。トイレに入ったときなど、グローブをスッと外したいときに便利ですね。

racing-globe-tag

しかし、実際に使ってみた感じではそこまでスムーズには外せませんでした。モンベルのサイクールにも同じような仕組みがあったのですが、そちらの方が個人的には外しやすかったです。

もしかしたら、購入したサイズがやや小さかったのかもしれませんね(^^;)

まとめ

自転車用グローブとしては機能的に十分で、使っていても違和感などはありませんでした。割と手に密着するような付け心地なので、路面の状況がしっかりと手に伝わってくるのも良いと思います。

そういった意味では、製品名の通りレーシング仕様なのかもしれませんが、普段使いでも十分に使えますし、ロングライドでも問題なく使えそうです(これを付けてあまり長時間走ったわけではないですが…)

この類のものはフィット感や好みなど個人によるところが大きいので、必ず試着してみての購入をおすすめします。

もちろん、パールイズミだけでなく色々なメーカーからグローブは出ているので、自分にぴったりの一着を探してみるのも面白いかもしれません(・∀・)

ではではノシ

この記事の製品はAmazonでも購入可能

-自転車関連

Copyright© よっさんの徒然モノ日記 , 2018 All Rights Reserved.